すごい!寧々のおっぱい触っただけで、掌が蕩けちゃうよ

先ほど垣間見た女陰の様子を頭に描き、その外周をなぞっていく。従順な寧々が、指図通りその指先に意識を集中していると見るや、俊輔はその唇を魅惑の胸元へと運んだ。
鼻先と空いた手で、女体の上の邪魔な白布をはねのけ、乳丘の裾野に吸いついた。
(うわあああっ!)
思わず俊輔は、心中に驚きの叫びをあげた。膨らみの表面に掌をあてがっただけで、そのあまりに心地良い風合いに、衝撃が全身を駆け抜けたのだ。
「すごい!寧々のおっぱい触っただけで、掌が蕩けちゃうよ」

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!