すごい!寧々のおっぱい触っただけで、掌が蕩けちゃうよ

先ほど垣間見た女陰の様子を頭に描き、その外周をなぞっていく。従順な寧々が、指図通りその指先に意識を集中していると見るや、俊輔はその唇を魅惑の胸元へと運んだ。
鼻先と空いた手で、女体の上の邪魔な白布をはねのけ、乳丘の裾野に吸いついた。
(うわあああっ!)
思わず俊輔は、心中に驚きの叫びをあげた。膨らみの表面に掌をあてがっただけで、そのあまりに心地良い風合いに、衝撃が全身を駆け抜けたのだ。
「すごい!寧々のおっぱい触っただけで、掌が蕩けちゃうよ」