人差し指をぴんと伸ばし、縦割れに対し平行に食いこませるのだ

双丘を交互に舐めしゃぶりながら俊輔は、股間に置いたままの手指を再稼働させた。人差し指をぴんと伸ばし、縦割れに対し平行に食いこませるのだ。
「んんっ……!」
熱くぬかるんだ濡れ肉に、指を包まれる感覚。処女地であるだけに、深く咥えさせるわけにはいかない。にもかかわらず、無垢な花びらは、初々しくもひくひくと蠢いて、指肉にまとわりつくのだった。
肉花びらの頼りなくもふるふるの感触は、俊輔に羽二重餅や生八つ橋を連想させた。
(うわあっ、お肉が、ぷっくり、ぷにぷにだあ!!)