ほぼ同時に、窮屈に押し込められていたまろやかな半球が、ばいんと迫力たっぷりに零れ出た

作業をする手指に背筋をくすぐられ、またしてもぞくぞくっと淫波が駆け抜ける。
「ああっ……」
切ない吐息に、ホックが外れる音が重なった。ほぼ同時に、窮屈に押し込められていたまろやかな半球が、ばいんと迫力たっぷりに零れ出た。
開放された乳房は、下乳の丸みが、たっぷんと揺れ、熟れ頃も極まったように深い谷間が左右に開いた。だらしなく流れるのではなく、張りつめた乳肌が支えとなって、ぶにゅんぶにゅん下がっては持ちあがり、愛しい人を悩殺する。
「あん!」
開放感に包まれながらも、深佳は反射的に胸を押さえた。
完熟に追熟まで重ねた膨らみは、腕の形にやわらかく撓む。自分で押さえていても、そのふわふわの感触が心地良い。どこもかしこもが男を悦ばせる肉体に仕上がっていることが、恥ずかしくもあり、誇らしくもあった。