爪で弾くように乳首を転がしていく

「やめてっ。やめてよっ」
胸を揺らして逃れようとしたが、しつこい指は離れない。爪で弾くように乳首を転がしていく。鋭利な快感は背筋を伝って身体の隅々まで走った。歯を食いしばっても、甘い刺激を休みなく与えられては、恥ずかしい悶え声がどうしてももれてしまう。歯を食いしばっている分、悶え声はいっそうの切迫感を伴って器材庫の空気を震わせる。