汲めども尽きぬ泉のように、花蜜が滾々と湧いてくる

ところが心の葛藤とは裏腹に、肉体の反応ぶりは赤裸々だ。汲めども尽きぬ泉のように、花蜜が滾々と湧いてくる。魔指で無惨に食い破られた牝肉を、熱い花蜜はしとどに濡らしていく。抉られるたびに肉奥からピュンッと勢いよく噴きだす感じがありありと知覚された。ほどなく膣洞から溢れだし、内ももにまで滴り落ちる頃になると、クチュクチュ、グチュグチュと耳を覆いたくなる微音が股間から奏でられた。