じ・女性器(濡れる)

御堂乱

割れんばかりの歓呼と喝采を受けてペニスを抜き、汗に光る人妻の美貌に劣情の熱いマグマをほとばしらせた

(ああん、欲しい。おチン×ンが欲しい!) 正座した腰がモジつきはじめた。むちっと張った太腿の付け根が蒸れて、肉の合わせ目からジクジクと滲み出した官能の甘蜜は、会陰に伝い流れてポタポタと熱い雫をコンクリートにしたたらせた。 (欲しい、欲し...
庵乃音人

おっぱいの先っぽ、下から握ってしごくように揉まれると、気持ちいいの……あぁ、私ったら……こんなエッチなおねだりを……

「あん、貴ちゃん……おっぱいの先っぽ、もっとしごいて……」 羞じらいつつも、志摩子ははしたない頼みごとをした。 「おっぱいの先っぽ、下から握ってしごくように揉まれると、気持ちいいの……あぁ、私ったら……こんなエッチなおねだりを……」 ...
北都凛

ゆっくりと腰を使って剛根を前後にスライドさせながら、愛蜜に濡れ光る指先を見せつけられる

神谷の指先が股間に伸びて、恥裂をねっとりと撫であげた。淫靡な水音が響くと同時に、寒気にも似た震えが女体を走り抜けていく。 「あううっ……あっ……あっ……や、やめてください」 口ではそう言いつつ、腰が微妙にくねってしまうのをとめられない。...
庵乃音人

裸エプロン姿の志摩子は「あぁ……」と戸惑った声を上げ、貴史に向かって大胆に尻を突き出す

「あん、貴ちゃん……あっ……」 突き上げるような生殖衝動に全身を痺れさせた貴史は志摩子を立たせ、強引に身体を回して再び尻を向けさせた。志摩子は「きゃっ」と愛らしい悲鳴をあげ、流しの縁に手を突いてバランスを取る。くびれた細い腰を手で掴み、グ...
北都凛

初めて味わうローターの威力はあまりにも強烈で、今や下半身全体が痺れたようになり、スカートの裾からのぞく膝が小刻みに震えていた

初めて味わうローターの威力はあまりにも強烈で、今や下半身全体が痺れたようになり、スカートの裾からのぞく膝が小刻みに震えていた。 こうなってしまうと自分の意思ではどうにもならない。熟した肉体は強制的に送りこまれてくる快美感に呑みこまれ、どこ...
北都凛

思わず鼻にかかった声をもらすと、潤いが膣全体に浸透してパンティの船底に恥ずかしいシミがひろがってしまう

戻るのがあまり遅いと夫に怪しまれる。立ちあがってスカートの乱れを直していたそのとき、ふいに下腹部の奥でクチュッと小さな水音が響き渡った。 「あっ……」 思わず鼻にかかった声をもらすと、潤いが膣全体に浸透してパンティの船底に恥ずかしいシミ...
北都凛

剥きだしの乳房はもちろんのこと、しどけなく開かれた下肢や濡れそぼった恥裂のアップまでもが撮影されていく

神谷はまったく悪びれた様子もなく、嬉々としてシャッターを押し続ける。 「酷いわ、神谷さん……あんまりです……うっぅぅっ」 後ろ手に縛られているので、裸体を隠すことはできない。香織にできるのは恥辱の涙を流すことだけだ。 剥きだしの乳房は...
北都凛

うっすらと陰毛が茂る股間に、神谷の無遠慮な視線が這いまわる

「これが仁科夫人のアソコですか。すごく綺麗ですよ」 うっすらと陰毛が茂る股間に、神谷の無遠慮な視線が這いまわる。ぴっちり閉じられた太腿と恥丘が形作る三角地帯を、まさに舐めるように視姦するのだ。 「さあ、もっとよく見せてください」 ほっ...
御堂乱

志津子の乳房に唇をふるいつかせ、アーモンド色の尖りを吸いあげる

「言いてえことがあるんなら言っていいんだぜ、奥さん。ヘヘヘ、もっとも下の口のほうは、せがんでるみてえだがな、『イカせてェ』ってよォ」 昌平が指を挿れたまま嘲る。人妻の官能の豊かさを物語るように、熱い果汁がとめどなく花唇から溢れ、アヌスの方...
御堂乱

むっちりと肉感的な太腿の狭間に、女の羞恥がのぞいている

「ヘヘヘ、もっとメロメロに感じさせてやる」 昌平は志津子の引き締まった足首をつかむと、大きく左右に引きはだけた。 「そんな……いやああッ!」 噛みしばった紅唇が開き、絹を裂くような悲鳴が噴きあがった。 「いやッ、いやああああッ」 ...
タイトルとURLをコピーしました