加南子はうながされるままに、慎也の顔面めがけてヒップを突きだしてみせた

加南子はうながされるままに、慎也の顔面めがけてヒップを突きだしてみせた。
(ああっ、すごい、すごいよっ!こんなに食いこんでるっ!)
スベスベの生尻に、淫靡極まりない股座の光景に爛々と瞳を輝かせる。
ラビアはかろうじてクロッチのなかにおさまっているが、その外側には柔らかそうな肉がこんもりと盛りあがっていた。
ここからが性器だと明確な線など引かれていないが、絹のように白い太腿とは違う、くすんだ褐色の皮膚に、細かな繊毛に彩られた土手肉はまぎれもなく女性器の一部、大陰唇と呼ばれている秘所である。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。

関連する言葉

凪子のむちむちっとした美ケツに手のひらをぺとりと当て、円を描くように撫でる... 凪子のむちむちっとした美ケツに手のひらをぺとりと当て、円を描くように撫でると、艶やかな声を漏らして背筋をぐっと反りあげた。美波の可愛らしいハート型のお尻を擦ると、こちらも可愛らしい声を漏らす。...
これでもかとばかりに晒した、大胆極まりないM字開脚... とうとう亜紀は美砂の前に駆け寄り、足を広げて腰を落とした。昼間も啓太にこれでもかとばかりに晒した、大胆極まりないM字開脚。亜紀のラビアはすでにパックリと開ききり、蝶の羽のように蠢いている。眼鏡の全裸美女は自ら腰をいやらしくしゃくり、可憐な若妻の火照った美貌にワレメを押しつけた。...
玲子が好む〝ゴージャスな上品さ〟だ... グリーンは蛍光性があって華やかだ。モチーフに使われているのは、四つ葉のクローバーらしい。繊細な刺繍がふんだんに使われていて高級感が強い。雅也の母親である玲子が好む〝ゴージャスな上品さ〟だ。...
鮮烈なピンク色をした秘唇は、ハートマークのような愛らしい眺め... ピラミッド状に密生する漆黒繁茂の頂点に、生々しくもエロチックな肉の裂け目が開いていた。鮮烈なピンク色をした秘唇は、ハートマークのような愛らしい眺めで、今まで目にしたどの陰唇より小振りに思える。だがそうではあるものの、べろんとめくれ返ったビラビラは、どこまでも厚く重たげだ。開花しきったコンテ・ド・シャ...
今日もTバックを穿いていた。少しさげただけで、たちまち生のヒップが人目にさらされるのだ。... 「は、はい……。わかりました……」 唇を噛み、瞼を伏せながら、比佐子はスパッツにかけた手に力をこめる。三人の動く足音が背後にする。お尻に視線が集中していると思うと、身体がカッと熱く燃えた。もう幾度となく奥寺の怒張によって貫かれ、たまらない肛悦をおぼえてしまった恥ずかしい尻である。たぶん川添も木之内...
その証拠に、俊輔の熱い視線を感じたお尻が、愛らしく左右に振られた... 未だ恥じらいの色を浮べたまま、それでもウキウキしたとの形容が似合いそうな歩調で、千夏がベッドに近づいてきた。お尻を高く掲げたまま細腰を折り、しびんを元の場所にしまい込む。タイトなワンピースの裾が、危うい位置に来るのも彼女は織り込み済みなのだ。その証拠に、俊輔の熱い視線を感じたお尻が、愛らしく左右に振...
両乳を手綱のように掴み、揉みしだきながら腰を打ち付けていると... 両乳を手綱のように掴み、揉みしだきながら腰を打ち付けていると、凪子はもっと深く、もっと激しく、とねだるように腰を高く突き出しては悩ましげにくねらせる。...
控えめに茂る繁茂の下で、ピンクのワレメ... 息詰まる思いにかられて熟女のそこを見れば、控えめに茂る繁茂の下で、ピンクのワレメがねっとりと濃い液体を沸き立たせていた。...
弥生はアヌスを剥きさらしにしたまま、突き出した双臀をゆっくりと左右に振りはじめた... 「ん?おおっ……ハハハ、勃ってやがる!こいつ、メイドのケツの穴を見て、チ×ポをおっ勃ててやがるぜ!」 「ち、違う……これは……これはその……」 浩は必死に言い訳しようとした。妻と娘の驚きの目がこちらに向けられたのが分かった。どっと冷汗が噴き出たが、勃起はいっこうにおさまる気配を見せない。二十四歳...
男女三人の大騒ぎなど関係ないように、恥丘の中心を走る縦の小さな谷間は、ひそやかに閉じている... 自分も床に膝をついた。教壇でのフェラチオとは反対に、静子先生の剥きだしの恥丘の前に、尚樹の顔が来る。 十年もの間、自分の指だけしか入らなかった静子先生の肉唇は、ひっそりと静まっていた。窓から入る月光を浴びて校舎の中でくりひろげられる男女三人の大騒ぎなど関係ないように、恥丘の中心を走る縦の小さな谷間...