加南子はうながされるままに、慎也の顔面めがけてヒップを突きだしてみせた

加南子はうながされるままに、慎也の顔面めがけてヒップを突きだしてみせた。
(ああっ、すごい、すごいよっ!こんなに食いこんでるっ!)
スベスベの生尻に、淫靡極まりない股座の光景に爛々と瞳を輝かせる。
ラビアはかろうじてクロッチのなかにおさまっているが、その外側には柔らかそうな肉がこんもりと盛りあがっていた。
ここからが性器だと明確な線など引かれていないが、絹のように白い太腿とは違う、くすんだ褐色の皮膚に、細かな繊毛に彩られた土手肉はまぎれもなく女性器の一部、大陰唇と呼ばれている秘所である。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。