加南子はうながされるままに、慎也の顔面めがけてヒップを突きだしてみせた

加南子はうながされるままに、慎也の顔面めがけてヒップを突きだしてみせた。
(ああっ、すごい、すごいよっ!こんなに食いこんでるっ!)
スベスベの生尻に、淫靡極まりない股座の光景に爛々と瞳を輝かせる。
ラビアはかろうじてクロッチのなかにおさまっているが、その外側には柔らかそうな肉がこんもりと盛りあがっていた。
ここからが性器だと明確な線など引かれていないが、絹のように白い太腿とは違う、くすんだ褐色の皮膚に、細かな繊毛に彩られた土手肉はまぎれもなく女性器の一部、大陰唇と呼ばれている秘所である。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。

関連する言葉

女教師が見せつけられたのは、九十度以上の角度で開かれた左右の太腿の、むっちりした中心に貼りついた黒い... 尚樹は右手でワンピースの裾をつかみ、一気にまくり上げた。彩海も自分から座席の上で腰を前に突き出し、あらわになった太腿を左右に割り広げる。 「ああっ!」 と、静子先生の声が高くなった。 女教師が見せつけられたのは、九十度以上の角度で開かれた左右の太腿の、むっちりした中心に貼りついた黒いレースの逆...
夫にすらさらしたことのない排泄部位をこうして外側から押しひしがれると... 「しょうがない女だな。あれほど嫌がっていたくせに。でもまだ序の口だ」 宣告につづいて男根が肛門に押し当てられた。舌ビラよりもはるかに熱い。爛れきった肛門がじわりと瞬時に炙られた。比佐子の身体がブルッと勝手に身震いをする。 「もっとケツを後ろへ突きだせ」 「は、はい……」 命じられるままにお尻...
結局は奥寺の鼻先にパックリと開いた女の秘所を突きだすこととなった... 奥寺はそう告げるや、魔指の腹でひたひたと牝芯を叩きはじめた。飽くまで軽く、優しく、赤子を愛でるかのような繊細なタッチである。それまでと打って変わってじんわりとこみあげるのは、身も心も蕩けさせる甘い微悦だ。疼きだした腰が便器の上でズルッと前方へ滑った。もっとして、と責めを乞わんばかりの体勢になってしま...
玲子が好む〝ゴージャスな上品さ〟だ... グリーンは蛍光性があって華やかだ。モチーフに使われているのは、四つ葉のクローバーらしい。繊細な刺繍がふんだんに使われていて高級感が強い。雅也の母親である玲子が好む〝ゴージャスな上品さ〟だ。...
ムギュリ、ムギュリと極太を生々しい蠢動で締めつけてくる... その上、啓太を迎え入れた蜜壺は、青年が体験してきた二十代の女性たちとは確実に違う爛れ具合。挿れる穴を間違えたのではないかと思うほど窮屈で、先に行くほどよけいに亀頭を締めつけてくるのは同じなのに、たとえて言うなら脂身感が格段に違う。女性の身体が熟成すると、やはりこうした膣肉にも、ムンムンとしたいやらし...
指先で摘み、菱形に押しひろげると、甘酸っぱい女臭が漂ってきた... 指先で摘み、菱形に押しひろげると、甘酸っぱい女臭が漂ってきた。 「あん、いやぁ、恥ずかしすぎます……」 その表情を隠したまま左右に首を振る寧々。それとは裏腹に、太ももの付け根では、その瞬間を待ちわびていたかのようにしとどに濡れそぼっている。 「寧々のおま○こ、透明な液をいっぱい含んでピンクに輝...
反作用で膝が伸びて、尻がより高く掲げられる... 彩海の上体が前に傾き、顎をタイルにつけた。反作用で膝が伸びて、尻がより高く掲げられる。ワンピースの布から移った水滴がいくつも、白い尻たぶの上できらめく。...
花穂子は喉を絞って、掲げたヒップを悶えさせた... 「舐める時は、付け根から先端に舐め上げるのが基本ね。円を描くようにしてあげるのもいいわ。後は男性の場合と同じように、根元を指で摘んで扱いてあげるとか。お姉さんの反応を見ながら、どういう風にすると効果があるか、あれこれ試してみるといいわよ」 同じ女性だけあって、ツボを心得ている。花穂子の身体が実験台...
M字に開いた脚の間からつやつやと輝く純潔の秘部が曝け出される... 大切な場所を隠すように、脚を揃えて横へと流している美波の両膝を立てると、その真ん中を割った。月明かりの下、M字に開いた脚の間からつやつやと輝く純潔の秘部が曝け出される。...
ワイヤーをぎりぎりまで減らしたブラジャーは、それだけで、ぷるんぷるんと揺れる... 美少女が立ちあがったのだ。ワイヤーをぎりぎりまで減らしたブラジャーは、それだけで、ぷるんぷるんと揺れる。加奈子の巨乳は、柔らかさと弾力のバランスが抜群なのだということが分かるし、何よりもめちゃくちゃに興奮させられる。...