加南子はうながされるままに、慎也の顔面めがけてヒップを突きだしてみせた

加南子はうながされるままに、慎也の顔面めがけてヒップを突きだしてみせた。
(ああっ、すごい、すごいよっ!こんなに食いこんでるっ!)
スベスベの生尻に、淫靡極まりない股座の光景に爛々と瞳を輝かせる。
ラビアはかろうじてクロッチのなかにおさまっているが、その外側には柔らかそうな肉がこんもりと盛りあがっていた。
ここからが性器だと明確な線など引かれていないが、絹のように白い太腿とは違う、くすんだ褐色の皮膚に、細かな繊毛に彩られた土手肉はまぎれもなく女性器の一部、大陰唇と呼ばれている秘所である。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。

関連する言葉

あああん……これ、凄く、いい……。健太のって、大きくて太くて硬いから、あああ、凄い刺激……。... 「ああ、こんなにも大きいのって、あたし、初めてよ……入るかしら……」 「大丈夫だよ。咲枝さんは穴の底まで全部入れてくれて、最後には子宮にまで先っぽが入ったのだから」 「んもう、何よ。咲枝さん咲枝さんって……。あたしにもできるわよ。ただね、あたしの中って、ママよりずっとタイトなの……。いいわよ。挿...
両手を突き、啓太に向かって尻を突きだす立ちバックのポーズになる亜紀... 杉の木に両手を突き、啓太に向かって尻を突きだす立ちバックのポーズになる亜紀。啓太はそんな亜紀の背後に腰を落として挿入の態勢を取り、「もう抜かないよ。最後はこうやって……亜紀さんを犯そうと思って!」そう叫ぶや、今までにない猛々しさで思いきり腰を突きだした。...
改めて、キャラクター通りの可憐な秘裂だと心を震わせる... 改めて、キャラクター通りの可憐な秘裂だと心を震わせる。女子高生のヴァギナは必死で開こうと努力し、そこに我ながら膨張しきった肉棒が奥まで突き刺さろうと闘志を燃やしている。自分のペニスに対して落ちつくように願いながら、雅也は細心の注意を払ってペニスをゆっくりと進めていく。ぐっ、と動かすと、加奈子が「ああ...
それでも四つん這いを作り、二人の男に尻を向けた。... 「は、はい……」 すすり泣きながら重い身体を起こす。絶えず鳴り響く轟音のせいもあってか、頭がぼうっとぼやけて白々と灼けていく感覚に捕らわれる。上体を支えるのもやっとの状態である。それでも四つん這いを作り、二人の男に尻を向けた。こみあげる羞恥で、首をがっくりと垂れた。それから力尽き、顔を床に伏せてし...
泥濘を指先で拭うと手探りで肉豆を探る... 決して嘘ではないようで、とろとろと蕩けそうな微温の沼の入り口をそっと掻き回すと、柔らかそうな唇が半開きになって、同じく濡れた舌と小さな八重歯とがちらりと覗いた。さすがに処女らしく、今まで何者の侵入をも許していない膣口はまだ堅い。まずは性感をほぐしてからと、泥濘を指先で拭うと手探りで肉豆を探る。...
身体全体が熱くなるのを感じながら、女子高生のFカップを凝視する... しかし、それだけなら、他社の高級ランジェリーでも目にすることができる。玲子の求める過激さは、やはりカップに表現されていた。遊園地では縦のラインによって乳輪と乳首を隠していたが、今回は横のラインだ。そのラインだが、遊園地の時のものより細い。雅也は身体全体が熱くなるのを感じながら、女子高生のFカップを凝...
彩海が子犬の鳴き声じみた嬌声を放ち、ぴょんと尻をあげた... 彩海が子犬の鳴き声じみた嬌声を放ち、ぴょんと尻をあげた。床に着けていた両膝がまっすぐに伸びる。高くなった彩海の太腿の間に、尚樹の指が潜りこんでいた。レザーの表面を指がへこませて、内側のやわらかい肉をこねまわしているのだ。 「あっ、ああん!そ、そこをいじられたら、進めなくなっちゃう」...
よじれたショーツが勃起クリを刺激して、絶えず切ない衝動を送り込んでもくる... 今また割れ目をじかに扱かれて、蕩けた膣肉が肉幹へと吸着する。たっぷり漏らした汁気をまぶされた牡肉が、呼応して膣の唇を舐め掃いた。よじれたショーツが勃起クリを刺激して、絶えず切ない衝動を送り込んでもくる。...
腋の下に膝をついて、豊麗な美臀を顔面に突きだす。... 「ふふぅん、慎ちゃんってエッチな子。シックスナインをしたいって言うのね?」 「フフフ、わかったわ。それじゃあ……」 すぐさま息子の胸板にまたがる加南子。腋の下に膝をついて、豊麗な美臀を顔面に突きだす。...
妙にぴっちりとした穿き心地で、ふとした拍子に尻の谷間や股肉に食い込んでしまう... いつも使っている下着類とは違い、妙にぴっちりとした穿き心地で、ふとした拍子に尻の谷間や股肉に食い込んでしまう。おかげで式の間中気になって仕方なく、何度も腰を揺すって股布の位置を直そうと試みる羽目にもなった。...