大陰唇より深い色合いに、珈琲色に染まった箇所には、明らかにアナルのそれとわかる小皺が露呈しているのだから

(これが、マ×コ……俺、マ×コを、加南子さんのオマ×コを見てるんだっ!)
背中を小さく丸め、食い入るように陰部を見つめる。ほんの少し股をひろげてもらえば、もしかしたら花弁もはみだしてしまうかもしれないと、クレヴァスを舐めるように視線を移動させていたところだった。慎也はさらなる秘密を発見する。
(……あ、あそこが、お尻の……穴?そっ、そうだ……肛門だ)
パンティをずらして確かめるまでもなかった。大陰唇より深い色合いに、珈琲色に染まった箇所には、明らかにアナルのそれとわかる小皺が露呈しているのだから。
尻フェチで、アナルへの妄執にとらわれた少年にとっては、あまりに悩殺的なチラリズムだった。
慎也は衝動的に、アヌスの部分に指を突き立てた。
パンティの上からヌプッと、思いのほか深く指先がめりこむ。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。