PR

相撲の立ち合いのような格好で尻をもたげさせられ、バックからしたたかに突きえぐられている

御堂乱

「ダメっ、そんなに深く……ああっ、ダメええっ」
深く抜き差しされて、最奥が疼きだした。尻をもたげた四つん這い──あさましすぎるポーズを意識すると、カーッと脳が灼けただれた。羞恥は貞淑女の情欲を高ぶらせる。志津子は被虐の興奮にますます身体を熱くした。抱えこまれた双臀がブルブルとわななき震えた。
「おおっ、こいつはいいぜ!」
昌平は喜悦を顔に滲ませた。
人妻の秘口が収縮し、肉杭をキリキリと締めつけてくる。熱くただれた膣肉が別の生き物のように吸いついてくる。妖美な感触に昌平は全身の血を沸騰させ、ますますストロークを勢いづかせた。
「膝を伸ばして、もっとケツを上げろ」
命じておいて、自らも膝を伸ばした。中腰のまま猛烈に腰を振って責めたてる。
激しい腰ピストンで男の下腹を打ち当てられて、志津子の大きな双臀はペタンペタンと餅をつくような破裂音を立てはじめた。
「ううっ、こんな……こんな格好……」
志津子はイヤイヤとかぶりを振った。
相撲の立ち合いのような格好で尻をもたげさせられ、バックからしたたかに突きえぐられている。惨めだと思えば思うほどに熱い情感がこみあげ、くるめくような肉の愉悦がせり上がってくる。
(いやっ、もうやめてっ)
悲痛に泣く胸の底で、
(もっと……もっとしてっ。志津子を滅茶苦茶にしてっ)
もう一人の淫らな自分が叫んでいた。
「ああっ、気が……気が変になるううっ」
身も世もなく腰を振って志津子が泣き叫べば、
「いいんだぜ、奥さん。遠慮なく変になりな」
昌平も引きこまれるようにピッチを上げた。
「ほれ、どうだ。ほれほれ」
「ああっ、ダメ……そんな……もうダメ……ああっ、あああっ!」
尻上がりに嬌声が高ぶっていく。火のように烈しく突きえぐられ、志津子は全身を痺れきらせた。伸ばした膝がガクガクと震える。上体を支えきれなくなり、つんのめるように肘をついた。肉感的なヒップだけが高く掲げられている。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!