肉厚の恥丘にピッタリとフィットした鋭利な逆三角形のフロント生地

あまりに破廉恥な下着姿に、慎也は真ん丸く目を見開いた。肉厚の恥丘にピッタリとフィットした鋭利な逆三角形のフロント生地。布の面積は切り分けられたピザより小さく、六つ切りのプロセスチーズほどのサイズしかない。当然ながらデルタを隠すなど不可能で、Vゾーンの左右からは盛大に陰毛がはみだしているではないか。股座はさらにきわどかった。せいぜい指一本分しかないクロッチは陰部をきつく締めあげて、股の中心部に深々と食いこんでいる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。