ファスナーをおろし、両手で尻を撫でつけるようにパンツを脱いでゆく

「いいわ。私が元気にしてあげる」
こそばゆそうに腰をくねらせ、義母の手を押さえつけてくる息子に妖しげな微笑みを投げかけると、加南子はベッドから腰をあげ、慎也の前に立った。
抒情的な流し目を投げかけながら、キャミソールを脱ぎ捨てる。あげ底ブラで作られたCカップの胸をひけらかし、ストレートパンツのウエストボタンをはずす。
「ほぉら、見たかったんでしょう?私のパンティを……」
ファスナーをおろし、両手で尻を撫でつけるようにパンツを脱いでゆく。
今日の一枚は艶やかなシルクタッチの素材で作られた、ヒップの丸みを際立たせる美尻ショーツだ。フロントは華やかなレースに彩られ、薄い生地の表面にはほんのりとヘアが透けており、実用性ばかりではなく女の色香をも上品に演出している。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。