発射したばかりといえども、童貞少年にとっては過激すぎるフェラチオだった

久方ぶりの肉悦に花唇を戦慄かせ、陰核の刺激に牝汁を滴らせつつ、ピストンを加速させる加南子。獅子舞のごとくセミロングの髪を振り乱し、夫を喜ばせたディープスロートの口技で義理の息子を無心に愛する。
「だ、駄目……駄目だっ、また、俺またっ!」
発射したばかりといえども、童貞少年にとっては過激すぎるフェラチオだった。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。