発射したばかりといえども、童貞少年にとっては過激すぎるフェラチオだった

久方ぶりの肉悦に花唇を戦慄かせ、陰核の刺激に牝汁を滴らせつつ、ピストンを加速させる加南子。獅子舞のごとくセミロングの髪を振り乱し、夫を喜ばせたディープスロートの口技で義理の息子を無心に愛する。
「だ、駄目……駄目だっ、また、俺またっ!」
発射したばかりといえども、童貞少年にとっては過激すぎるフェラチオだった。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。

関連する言葉

そう言うと紅唇は、またちゅぷりと亀頭を含んだ... 「手はおしゃぶりする女の頭の上に置くのよ。上手だったら撫でて褒めればいいし、もっと呑み込めっていうのなら、下へ押し込めばいいから」 そう言うと紅唇は、またちゅぷりと亀頭を含んだ。 「んぐっ、んふ」 彩香は喉声を漏らして肉茎を吸い、棹腹を指で甘く扱き立てる。睾丸をころころと指で転がすことも忘れな...
とうとう亀頭の丸ごとを、パクリと口内に咥え込む... やっぱりちょっと大きいわねとでも言うように眉間に皺を寄せ、「んん。んん」と苦しげな呻きを上げつつも、なおも美貌を前にだし、とうとう亀頭の丸ごとを、パクリと口内に咥え込む。...
上から被さったHカップバストが、太ももや脇腹に当たってプニプニとたわむ... ペニスを口いっぱいに頬張りながらも、宣英の快感の表情を窺う上目遣いの横顔が淫らだ。上から被さったHカップバストが、太ももや脇腹に当たってプニプニとたわむ。...
花穂子は亀頭に唇を被せて、強く舐め吸った... 妹の手が双乳を掴み揉む。 「あんっ……ええ。いただきます」 花穂子は亀頭に唇を被せて、強く舐め吸った。舌先で尿道口や裏筋をくすぐれば、勃起は口のなかで過敏に震える。...
鈴口を啜り上げながらも、右手も休むことなく睾丸を優しく揉み上げる... 下半身は人妻のねっとりフェラ、目の前のモニターいっぱいに映し出されるのは、美少女のおっぱい、これを至福と呼ばずしてなんと言うのか。ちえりも相当のものだったが、凪子の口技はまた少し違った。久しぶりに与えられた男根を大切に大切に慈しむかのごとくの優しさに満ち溢れている。舌の横腹を使い、つつつと裏筋を舐め...
開いた口から透明な唾液がたらたらと流れ出て、勃起の先端の鈴口から根もとまで、濡らしていく... すぼませた唇が、亀頭に触れる。 「んくっ!」 ビクンと跳ね上がる亀頭を追って、彩海の顔も動く。開いた口から透明な唾液がたらたらと流れ出て、勃起の先端の鈴口から根もとまで、濡らしていく。...
亀頭に舌が打ちつけられ、肉棒が根元から引っこ抜かれそうに吸い上げられた... 彩海の舌のテクニックに比べれば、あまりに荒々しく、自分本位だ。男を楽しませるのではなく、ただ男の分身をしゃぶりたい。男のシンボルを舐めまわして、味わいたいという欲望がストレートに噴出している。亀頭に舌が打ちつけられ、肉棒が根元から引っこ抜かれそうに吸い上げられた。...
悩ましげに溜め息をつくと、加南子は性懲りもなく勃起した若竿を口に含み、美臀を突きだした... 「はぁ……ああぁ、ねえ、指も……お尻にも、指を入れていい?」 「……もう、慎ちゃんったら、困った子……ふぅ、んんぅ、んぼ、んぽっ」 悩ましげに溜め息をつくと、加南子は性懲りもなく勃起した若竿を口に含み、美臀を突きだした。括約筋を緩め、尻の蕾を膨らませて息子をうながす。 「じゃ、じゃあ……入れる...
競うように二つの舌がペニスを掃き舐め、上に下にと行き来する... 躾けられた通りに、竿に口づけながらねだり乞う。競うように二つの舌がペニスを掃き舐め、上に下にと行き来する。挟み支えられた肉竿が、限界間近の砲台を震わせた。開いた射出口から滴る先走りの量も目に見えて増す。ほとんど同時に予兆を嗅ぎ取った二つの舌が亀頭に巻き付き、カリ首を擦る。やはり計ったように左右それぞ...
美貌が低く沈んだ時、咽頭の粘膜に勃起の先端部が擦れていた... 美貌が低く沈んだ時、咽頭の粘膜に勃起の先端部が擦れていた。喉を圧迫されて苦しさを感じぬはずはない。佑二は不安そうに足元の彩香を見る。 「んっ……でも、喉で締めつけられると、いい具合でしょ」 一旦ペニスを吐き出して、彩香が佑二に上目遣いを向ける。切れ長の二重の瞳が潤んで色っぽかった。...