発射したばかりといえども、童貞少年にとっては過激すぎるフェラチオだった

久方ぶりの肉悦に花唇を戦慄かせ、陰核の刺激に牝汁を滴らせつつ、ピストンを加速させる加南子。獅子舞のごとくセミロングの髪を振り乱し、夫を喜ばせたディープスロートの口技で義理の息子を無心に愛する。
「だ、駄目……駄目だっ、また、俺またっ!」
発射したばかりといえども、童貞少年にとっては過激すぎるフェラチオだった。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。

関連する言葉

ローズピンクの長い舌を大胆に飛びださせて顔を振り、下品な音を響かせて啓太の亀頭を舐めしゃぶる... 響子はそんな美貌をせつなげに歪めてもう一度ため息を零すや、しこしこと棹を扱きつつ、おもむろに舌を突きだして、ピチャピチャ、ぢゅぷ、れろ……。楚々とした美貌を別人のように変貌させ、一匹のフェラチオ牝へと自ら堕ちた。ローズピンクの長い舌を大胆に飛びださせて顔を振り、下品な音を響かせて啓太の亀頭を舐めしゃ...
唇を半開きにすると、ちゅるちゅるっと肉竿を頭から飲み込んでいった... 凪子は唇を半開きにすると、ちゅるちゅるっと肉竿を頭から飲み込んでいった。湿った粘膜に包み込まれてペニスにじんじんと愉悦が奔る。頬を内側にへこませてのバキュームフェラで啜り上げられ、精子がぐぐぐと睾丸から精道へ迫り上がっていく。カメラを意識して上目遣いでこちらにちらちらと送る視線が悩ましく色っぽい。...
一心に、まるで競うように広海の肉棒を取り合っている... 美しく豊満に熟れきった美母と、まだ青さと硬さを残した実の美娘が、一心に、まるで競うように広海の肉棒を取り合っている。 「んん、ぅ……ちゅ、ちゅく、じゅぷ!」 「ぁあん、彩菜ちゃん。おち×ぽ、みんな持っていったら、いけないのぉ」 彩菜が根元近くまで肉棒をくわえ込むディープスロートをなかなか止めな...
ヌメ光った赤い唇のなかに、陰茎がやわらかに包まれていく... ふふっと妖しい笑みを残して、彩香の美貌が股間に沈んだ。 (ああっ、あったかくてヌルヌルだっ) ヌメ光った赤い唇のなかに、陰茎がやわらかに包まれていく。 「彩香さん、気持ちいいです」 股間で上下するナースキャップに向かって、佑二は囁いた。荒淫でヒリヒリとする長棹の表面を、温かな舌と唾液の潤いが...
舌遣いがねっとりと淫らな動きになってきた... ちえりに注意され、美波は再び宣英のペニスを口へと含むと舌を使い始めた。ちえりに性感帯である胸を弄られているせいか、さっきまでよりもなお、舌遣いがねっとりと淫らな動きになってきた。...
咲枝さんは褒めてくれたよ。その手に余るような僕のち×ぽ、咲枝さんは愛しそうに口に咥えて、よく動く舌で... 「生意気ね、あなた……。ママにもそんな態度なのかしら……」 咲枝との痴態が蘇る。咲枝に対しては終始、健太のほうが受け身だった。しかし、咲枝は呼び捨てにして、と哀願した。そうすることにより、咲枝は健太の肉棒を淫裂に深々と咥え込みながら、ただひたすら、本能のままに激しく悶え狂った。 「ねぇ、どうなの...
貴和子は広海の肛門から会陰や陰嚢経由でたっぷりとなめあげ、肉幹を遡って亀頭までもたどり着く... 広海が彩菜の肉裂深く掘り上げるように舌を使えば、 「チュ、チュパァ……レロォ」 貴和子は広海の肛門から会陰や陰嚢経由でたっぷりとなめあげ、肉幹を遡って亀頭までもたどり着く。...
美波のショートパンツを剥ぎ取る 舌粘膜が凪子の口内を掻き回す水音に負けじと、美波がペニスを啜り上げる。くらくらと眩暈がするかのような快感に迫られながらも、美波のショートパンツを剥ぎ取る。グレーのショーツもあわせて降ろすと、タンクトップを捲り上げ、スポーツブラも外した。...
猛る亀頭に蛇のようにまとわりつかせ、飴でも舐めるようにねちっこい愛撫を始めた... なおもしこしこと扱いて緊張気味のペニスを白い指に馴染ませたかと思うと、いきなり身を屈め、ひくつく亀頭に顔を近づけて、ピチャ……。舌を突きだした佳織は、猛る亀頭に蛇のようにまとわりつかせ、飴でも舐めるようにねちっこい愛撫を始めた。ヌメヌメした温かな舌で鋭敏なスポットをしつこく抉られ、火を噴くような快感...
唾液に濡れた球をリズミカルに触り、亀頭部分を咥え込んで舌を猛烈にかき回される... 唾液に濡れた球をリズミカルに触り、亀頭部分を咥え込んで舌を猛烈にかき回されるのが、最も雅也が好きなテクニックだった。...