発射したばかりといえども、童貞少年にとっては過激すぎるフェラチオだった

久方ぶりの肉悦に花唇を戦慄かせ、陰核の刺激に牝汁を滴らせつつ、ピストンを加速させる加南子。獅子舞のごとくセミロングの髪を振り乱し、夫を喜ばせたディープスロートの口技で義理の息子を無心に愛する。
「だ、駄目……駄目だっ、また、俺またっ!」
発射したばかりといえども、童貞少年にとっては過激すぎるフェラチオだった。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。

関連する言葉

花穂子は亀頭に唇を被せて、強く舐め吸った... 妹の手が双乳を掴み揉む。 「あんっ……ええ。いただきます」 花穂子は亀頭に唇を被せて、強く舐め吸った。舌先で尿道口や裏筋をくすぐれば、勃起は口のなかで過敏に震える。...
唾液に濡れた球をリズミカルに触り、亀頭部分を咥え込んで舌を猛烈にかき回される... 唾液に濡れた球をリズミカルに触り、亀頭部分を咥え込んで舌を猛烈にかき回されるのが、最も雅也が好きなテクニックだった。...
留美子さん、お口で呑み込んだだけじゃない……。次にはこの素敵な肉棒を挿し込んで、あそこの奥に射精させ... (だめよ……。それだけは絶対、だめ……) すでに喘ぎ声をもらしている由美の思考は纏まりがない。ただ熟女の知恵が由美にある結論を与えていた。 (そうよ。お口も健太ちゃんが大好きな太ももも指もすべて使い、健太ちゃんが音をあげるまで、種ミルクを射精させればいいのだわ……。ああ、何度放てば安全なのかしら...
花穂子は佑二の太ももを両手で掴み、口全体で肉棹を扱いた... 花穂子は佑二の太ももを両手で掴み、口全体で肉棹を扱いた。歯先を唇でくるみ、茎胴をじわりじわりと絞り込んで性感を高めた。 「ああ、ママ、それいいっ」 佑二の腰がヒクつくのを感じた。舌の上にカウパー氏腺液が垂れこぼれて、花穂子の唾液と混じり合った。...
彩海は亀頭をしゃぶりながら、静子先生のリアクションを見つめた... 自分の唾液でむせはじめる姿が、また愛らしい。尚樹は亀頭を彩海に咥えさせたまま、彩海は亀頭をしゃぶりながら、静子先生のリアクションを見つめた。 しばらくして女教師が静けさを取りもどすと、彩海が口から亀頭を吐き出した。表面から精液がきれいに舐め取られ、かわりに唾液でキラキラしている。...
彩海がせいいっぱい首を伸ばして、口内に亀頭全体を咥える... バイブの二本差しにのたうつ人妻の恥態を見せつけられ、尚樹の男根も暴発寸前だ。姿勢をあぐらから膝立ちに変えて、張りつめた亀頭を彩海の美貌へ差し出す。 「あああ、おちんちん!わたしのおちんちん!はむっ」 彩海がせいいっぱい首を伸ばして、口内に亀頭全体を咥える。...
あらあら、彩菜ちゃん、ほんとう、おち×ぽが好きなのねぇ... 「んく、んく……じゅ、じゅぷ、じゅぷ……!」 顔をぶつけるような、激しいフェラチオ抽送をし始めてしまう彩菜。 「あらあら、彩菜ちゃん、ほんとう、おち×ぽが好きなのねぇ。ウフフ」 間近で見ていた貴和子が驚き、つい笑みを漏らす。...
花穂子は相貌を前に進め、肉棹を含んでいった... 居たたまれない感情と、恥ずかしさが急速に高まる。花穂子は視線を逸らしてから、紅唇を開いた。亀頭を口のなかに迎え入れる。 (なんて立派なの。先端だけでも、おくちのなかがいっぱいになる) 呼吸さえ出来なくなる野太さだった。口腔を埋め尽くす感覚は、そのまま佑二に対しての畏怖と従属に繋がる。花穂子は相貌...
やわやわと睾丸を揉みほぐし、尻の穴まで刺激して、フェラチオの快感を倍加させる... 口いっぱいにひろがる初体験の旨味に、甘酸っぱい義母のエキスにますます情火を滾らせながら、長々と伸ばした舌をヌップリと膣内に挿入する。 「はんぅ……そ、そう、うまいわ、慎ちゃんとても上手ぅ、ん、んんんっ!」 加南子もすかさず若竿にしゃぶりつく。ずる剥けの亀頭を頬張り、静々と頭を上下させ、血管が浮き...
その脚の間に挟まってひざまずいた彩菜が、すっかり勃起した肉棒をくわえていく... 「……これれ、いい、ろ?」 見上げる彩菜の、かすかに小首をかしげた顔がかわいい。 言葉がうろんなのは、その口いっぱいに頬張っているもののせいだ。 立木の下に置かれたベンチ。ルーズに腰掛けた広海が、スウェットパンツと下着を膝まで下ろして下半身を露出している。 その脚の間に挟まってひざまずいた彩...