加南子は頬をペッコリ凹ませて、膣圧に似た締めつけで抽送をうながしてくる

「んぐぅ……ん、んっ」
喉もとにまで達した鎌首に、ときおり苦しげに呻きつつも、加南子は頬をペッコリ凹ませて、膣圧に似た締めつけで抽送をうながしてくる。
(明日はここに……ここにも……)
汁ダクの女肉にかぶりつき、舌先でアヌスをほじり、若竿をピストンさせる慎也。深々と喉を抉り、荒々しく腰を前後に躍らせ、大量のザーメンを食道に放つ。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。