ときおり収縮を繰りかえすアヌスを、美臀の菊花を見つめながら、大粒に勃起したクリトリスにしゃぶりつく

雁首をさすられるたびに新たな腺液をちびりつつ、慎也も負けじとクンニを過熱させた。
ときおり収縮を繰りかえすアヌスを、美臀の菊花を見つめながら、大粒に勃起したクリトリスにしゃぶりつく。鼻の穴をピッタリと肛門にあてがい、ほのかな獣臭にゾクゾクと身を粟立たせ、女陰の急所を責めまくる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。