こ・肛門(描写)

結城彩雨

必死にすぼめていた肛門がほぐされて緩んでいく感覚が、今にも漏らしてしまうのではないかという怯えを呼ぶ

「あ……ああ……」 夏子はおぞましさのあまりにブルブルとふるえだした。必死にすぼめていた肛門がほぐされて緩んでいく感覚が、今にも漏らしてしまうのではないかという怯えを呼ぶ。その怯えとむず痒い感覚に、カチカチ歯が鳴った。 「奥さんの尻の穴は、...
結城彩雨

尻の穴をいじられて、いい声で泣くじゃねえか、奥さん

「いやあ……ああ、いやッ……」 「尻の穴をいじられて、いい声で泣くじゃねえか、奥さん」 「やめてッ……いやッ、いやッ……」 激しく腰を振りたてながら、夏子は泣きじゃくった。五郎の指先が蠢くたびに、泣き声がひッ、ひッと空気を切り裂く。 そして...
結城彩雨

女の肛門がこんなにも美しいとは思ってもみなかった

男たちがどこを見ているか、夏子には痛いまでにわかった。そこが火のように灼け、熱が身体中にひろがっていく。 「そんなところを、いやッ……み、見ないでッ、いやですッ」 夏子は我れを忘れて泣き叫び、ガタガタと腰を揺さぶりたてた。 だが、夏子は後ろ...
葉川慎司

良く引き締まるアヌスのすぼみが、伸びたり縮んだりしながら、亀頭を締め上げてくる

「入ってる。入ってるよ、瑞穂さん」 「わかります。お尻で、祐司さんを感じてます」 「あうぅ、すごい締まりだ。おま×こよりすごいかも」 「あぁン、恥ずかしい。早く、全部入れてください」 「うん」 祐司は両手でやわらかな尻朶を掴み、ぐっと腰を突...
未分類

このままアヌスの窄みに押しつければ、瑞穂ともアナルセックスができそうだ

「いいんだね」 引き締まる女壷の感触を味わいながら、祐司はゆっくり腰を衝き動かす。なかはたっぷり愛液を溜めこみ、祐司のペニスは半透明の体液でぬらぬらになっている。このままアヌスの窄みに押しつければ、瑞穂ともアナルセックスができそうだ。 「え...
結城彩雨

剥きだされた三枝子の媚肉と肛門とは、股縄にいじめ抜かれた痕を赤く充血させて、生々しい姿を見せていた

「気分を出せよ。オマ×コをじっとり濡らさねえと、承知しねえぜ、フフフ」 李は三枝子を湯舟からマットの上にあお向けに横たえた。 まず足首の縄を解き、つづいて後ろから股縄を解いて引き剥がしにかかる。 三枝子の肛門に食いこんでいた縄のコブが、つづ...
庵乃音人

誘うようにくねる豊かな肉尻。谷間がぱっくりと割れ、底で息づく皺々の肛肉とほくろまでもが鮮明に見える。

「志摩子……あぁ、興奮する……」 お世辞ではなく、本当にたまらなかった。誘うようにくねる豊かな肉尻。谷間がぱっくりと割れ、底で息づく皺々の肛肉とほくろまでもが鮮明に見える。 もちろん、志摩子が晒しているのはアナルだけではなかった。蟻の門渡り...
葉川慎司

淫裂をねぶりあげると、お尻の谷間の奥の小さなアヌスが、ぴくぴくと引きつった

「楽しいっていうか、わくわくする。体の奥から、いくらでもいやらしい気持ちがこみあげてくるよ」 祐司はプチュッと唇を女陰に押しつけた。舌を差しだし、濡れた淫裂を舐めあげる。 「んんんっ」 瑞穂は顔をベッドに伏せ、甲高い喜悦の声がもれないように...
御堂乱

犬のように後ろから犯されながら、恥ずかしいアヌスをなぶられるのは耐えがたかった

「ヘヘヘ、可愛いぜ。もう俺のもんだ。マ×コも、それにこっちの穴もよォ」 昌平は予告しておいて、貫いている媚肉の少し上のすぼまりに指を触れさせた。 排泄器官の小さな蕾を、さっきからじっと見つめていたのだ。 指先で円を描くように揉みほぐしてやる...
北都凛

恐ろしいことにお尻の穴を男根で犯されながら、膣にも人工ペニスを突きこまれてしまった

「もう逃げられませんよ。そろそろ観念して、いい声で啼いてください」 「きゃっ!な、なにを……」 京子はアナルを貫かれたまま男の上に仰向けになり、股間を突きだすような格好になってしまう。淫水灼けした肉胴を呑みこんだ肛門と、愛蜜にまみれた陰唇が...
庵乃音人

皺々の肛肉を擦過すると、思いのほか強烈な苦みが舌に広がり、貴史をいっそう興奮させる

道場では、いつもみたいに無心になって無数の矢を射続けたのに違いない。 たっぷりと汗を掻いた女陰はむせ返るようなチーズ臭を放ち、塩辛さとともに貴史の舌を刺激した。尿口から垂れ流れた小便が膣穴にも流れ込み、舌ですくうと痺れる酸味とともに、酸っぱ...
庵乃音人

貴史の欲情をいっそう淫らに沸騰させたのは、そんなアナルを縁取って、思いのほか大量の尻毛が生えていたことだ

「あぁ、先輩……」 割り広げた尻の谷間の眺めにうっとりする。淡い薄桃色をした可憐なアナル。志摩子や夏海とは明らかに異なる、何ともそそられる色をした肛肉がヒクヒクと開閉する。 それだけでも相当興奮する眺めだったが、貴史の欲情をいっそう淫らに沸...
葉川慎司

瑞穂の指が肉の秘門に触れ、ぐっと押しこまれる感じになる。むずつくような快感が、一瞬、弾けるような快感に変わった。

「こんなことされたら、誰だって気持ちよくなるよ」 「じゃあ、ここは?」 睾丸の中心を走る筋に沿って指の腹を滑らせる。瑞穂は中指をお尻のほうに近づけた。指先が谷間の奥の小さな孔をとらえ、くすぐるように細かに振動する。 「あああっ。すごい!」 ...
庵乃音人

尻の谷間を広げて柔らかな肉たちを揉み、鳶色の肛門を晒す谷間でスリスリと顔を振った

つい視線が志摩子の臀部に行く。尻たぶの肉が、ふとももとともに震えていた。 食欲もそうだが、貴史としてはどうしても性欲を刺激されずにはいられない。 あえてこんな格好で料理をし、裸同然の後ろ姿を見せつけているということは、それ自体が志摩子の無言...
北都凛

わずかな振動が肛門に響き、鈍い痛みが波紋のようにひろがっていく

「うっ……」 ヒールがアスファルトを軽く叩いた瞬間、香織は思わず声をもらしそうになる。 (いやだわ……この間の……) 慌てて唇を真一文字に引き締めて、そっと息を吐きだした。 わずかな振動が肛門に響き、鈍い痛みが波紋のようにひろがっていく。二...
御堂乱

呻くばかりだった少女の身悶えに、はっきりとニュアンスの変化が表れていた。尻穴の締まりも、ますます妖美さを増してきている。

「ヘヘヘ、しっかり根元まで入ったぜ」 興奮に息を荒げながら、昌平は結合した部分に目をやった。 あらかじめ入念にマッサージをほどこしてやった成果だろう。長大な肉杭を根元まで打ちこまれてしまった少女の菊坐は、美麗な柔襞を限界まで拡張させているが...
北都凛

おそらくアナルセックスという言葉すら知らないのだろう。その怯えきった瞳が牡の嗜虐欲を煽りたてる。

「もう……許してください……」 「まだ駄目です。今度は僕が楽しませてもらいますよ」 神谷は尻たぶを撫でまわし、愛蜜で濡れ光る亀頭を谷間に押しつけていく。 「え?ひっ……そ、そこは……」 途端に香織の口から戸惑った声がもれた。 令夫人が動揺す...
御堂乱

指抽送で揉みほぐされた桜色の菊坐は、容易に窄まりを突きえぐられ、指とは比べものにならない大きな肉棒を受け入れてしまった

「あっ」 あわててすぼめようとしたが、括約筋がいうことをきかなかった。指抽送で揉みほぐされた桜色の菊坐は、容易に窄まりを突きえぐられ、指とは比べものにならない大きな肉棒を受け入れてしまった。 「うわああああッ!!」 湯気のこもるバスルームに...
御堂乱

知美が悲鳴をあげるたびに、ヒップがすくみあがり、尻穴がキュウと収縮する

「あッ」 知美が驚きの声をあげた。 見られるだけでも死ぬほどの恥ずかしさなのだ。まさか本当に尻穴を責められるとは思わなかった。 「ヘヘヘ、そんなにすぼめるなよ、知美ちゃん」 「や、やめてッ」 昌平の指がアヌスの柔襞を揉みこんでくる。 知美は...
御堂乱

ヘヘヘ、可愛いぜ、知美ちゃんの尻の穴

「ヘヘヘ、可愛いぜ、知美ちゃんの尻の穴」 「いやあッ、どこを見ているの!?見ないでえッ!!」 排泄の穴を観察されていると知って、カーッと脳が灼けた。 「マンコも尻の穴も、ヒクヒクしてるぜ。そんなに触って欲しいのかい?」 「いやああッ」 恥ず...