こ・肛門(描写)

葉川慎司

瑞穂の指が肉の秘門に触れ、ぐっと押しこまれる感じになる。むずつくような快感が、一瞬、弾けるような快感に変わった。

「こんなことされたら、誰だって気持ちよくなるよ」 「じゃあ、ここは?」 睾丸の中心を走る筋に沿って指の腹を滑らせる。瑞穂は中指をお尻のほうに近づけた。指先が谷間の奥の小さな孔をとらえ、くすぐるように細かに振動する。 「あああっ。すごい...
庵乃音人

尻の谷間を広げて柔らかな肉たちを揉み、鳶色の肛門を晒す谷間でスリスリと顔を振った

つい視線が志摩子の臀部に行く。尻たぶの肉が、ふとももとともに震えていた。 食欲もそうだが、貴史としてはどうしても性欲を刺激されずにはいられない。 あえてこんな格好で料理をし、裸同然の後ろ姿を見せつけているということは、それ自体が志摩子の...
北都凛

わずかな振動が肛門に響き、鈍い痛みが波紋のようにひろがっていく

「うっ……」 ヒールがアスファルトを軽く叩いた瞬間、香織は思わず声をもらしそうになる。 (いやだわ……この間の……) 慌てて唇を真一文字に引き締めて、そっと息を吐きだした。 わずかな振動が肛門に響き、鈍い痛みが波紋のようにひろがって...
御堂乱

呻くばかりだった少女の身悶えに、はっきりとニュアンスの変化が表れていた。尻穴の締まりも、ますます妖美さを増してきている。

「ヘヘヘ、しっかり根元まで入ったぜ」 興奮に息を荒げながら、昌平は結合した部分に目をやった。 あらかじめ入念にマッサージをほどこしてやった成果だろう。長大な肉杭を根元まで打ちこまれてしまった少女の菊坐は、美麗な柔襞を限界まで拡張させてい...
北都凛

おそらくアナルセックスという言葉すら知らないのだろう。その怯えきった瞳が牡の嗜虐欲を煽りたてる。

「もう……許してください……」 「まだ駄目です。今度は僕が楽しませてもらいますよ」 神谷は尻たぶを撫でまわし、愛蜜で濡れ光る亀頭を谷間に押しつけていく。 「え?ひっ……そ、そこは……」 途端に香織の口から戸惑った声がもれた。 令夫...
御堂乱

指抽送で揉みほぐされた桜色の菊坐は、容易に窄まりを突きえぐられ、指とは比べものにならない大きな肉棒を受け入れてしまった

「あっ」 あわててすぼめようとしたが、括約筋がいうことをきかなかった。指抽送で揉みほぐされた桜色の菊坐は、容易に窄まりを突きえぐられ、指とは比べものにならない大きな肉棒を受け入れてしまった。 「うわああああッ!!」 湯気のこもるバスル...
御堂乱

知美が悲鳴をあげるたびに、ヒップがすくみあがり、尻穴がキュウと収縮する

「あッ」 知美が驚きの声をあげた。 見られるだけでも死ぬほどの恥ずかしさなのだ。まさか本当に尻穴を責められるとは思わなかった。 「ヘヘヘ、そんなにすぼめるなよ、知美ちゃん」 「や、やめてッ」 昌平の指がアヌスの柔襞を揉みこんでくる...
御堂乱

ヘヘヘ、可愛いぜ、知美ちゃんの尻の穴

「ヘヘヘ、可愛いぜ、知美ちゃんの尻の穴」 「いやあッ、どこを見ているの!?見ないでえッ!!」 排泄の穴を観察されていると知って、カーッと脳が灼けた。 「マンコも尻の穴も、ヒクヒクしてるぜ。そんなに触って欲しいのかい?」 「いやああッ...
庵乃音人

こらえきれない劣情に憑かれた貴史は尻肉を左右に割り開いたまま、尻の谷間に顔を埋め、突き出した舌で肛肉を舐めた

「貴史さん……あはぁ……」 湯のなかに手が潜り、再び貴史の勃起を握った。白魚を思わせる細い指で逆手に持ち、しこしことリズミカルにしごきあげてくる。 「ううっ、志摩子さん、ぼ、僕……おかしくなりそう……」 しごかれるペニスから疼きが走る...
御堂乱

弥生はアヌスを剥きさらしにしたまま、突き出した双臀をゆっくりと左右に振りはじめた

「ん?おおっ……ハハハ、勃ってやがる!こいつ、メイドのケツの穴を見て、チ×ポをおっ勃ててやがるぜ!」 「ち、違う……これは……これはその……」 浩は必死に言い訳しようとした。妻と娘の驚きの目がこちらに向けられたのが分かった。どっと冷汗が...
タイトルとURLをコピーしました