広海の顔の、わずか数センチ先に、あかりの肛門と肉裂が並んでいた

(あ、あかりさんの口、すごい……。フェラチオ、すごいよ)
だが広海のほうも、ただされているばかりではない。シックスナインの形は、広海の眼前にもあかりの股間のすべてを開陳している。
その光景。こんなことがこの世にあるのかと思う。広海の顔の、わずか数センチ先に、あかりの肛門と肉裂が並んでいた。四つん這いだから、肛門が上、肉裂が下になる。
とりたてて色白でも、地黒でもない健康的な肌のあかりだが、股間は褐色に色づいている。肛門は縦に閉じていて、放射状に広がる細かいシワも、ちょうど縦の楕円に整っている。ヒップ自体は大きくないのに尻肉に厚みがあって、尻と尻の割れ目の谷が深い。彫りの深い、西洋人のようなあかりの尻だ。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。