仰向けになってさえ、ふたつの膨らみはゆるやかな隆起を保っていた

白磁の肌はわかっていたものの、こうしてすべてを目にすると白さが際立つ。全体にスレンダーで華奢なのに、仰向けになってさえ、ふたつの膨らみはゆるやかな隆起を保っていた。乳房の中心、やや外側を向いて、薄ピンク色の乳首が息づいている。まだ身を潜めているものの、すぐにでも屹立したがっているような。胸の下、なだらかな緩斜面を描く腹から下腹部。呼吸とともに上下する胸につられて、わずかに動くやわらかそうな白い腹。きれいに穿たれたヘソの窪みが作り出す起伏。さらには、意外なほどにふっくら豊かに盛り上がった恥丘。土手高と言えるほど、浮き上がっている。恥丘には多からず少なからず、恥毛が繁茂している。縮れの少ない、やわらかい毛質の恥毛は静羽らしい。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。