セーラー服姿の彩菜。そのショーツだけを脱がせて、裸のヒップから突き込んでいる。

正常位や屈曲位では見えない、彩菜の肉壺に自在に突き込まれる肉棒。太い肉幹が、我が物顔に出入りするさま。
(ぼくいま、彩菜を)
征服している、そんな気にさせる。セーラー服姿の彩菜。そのショーツだけを脱がせて、裸のヒップから突き込んでいる。これほど身体の奥をえぐっているのに制服の乱れはほとんどなくて、スカートさえ下ろしてしまえば、清純な女子高生にもじゅうぶん見える。膣奥深く広海の肉棒をくわえこんでいるのに。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。