健康極まりない色白腿

ホットパンツの小さな輪から、二本の太腿が窮屈そうに飛びだし、肉を震わせている。みずみずしい脂肪を内包した健康極まりない色白腿は、いっそひざまずいて頬ずりをしたいほど。鷲掴みにしてギュギュッと絞れば、大福餅顔負けの柔和さでひしゃげてくれそうな弾力とぬくみを期待させる。啓太の股間をキュンとさせるのは太腿だけでなく、子を孕んだししゃもを彷彿させる脹ら脛も同様だった。足を動かして身体を揺らすたび、脹ら脛の筋肉が濃い影を作って盛り上がる。

出典:~とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

著者: 庵乃音人

とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

憧れの女子大生と艶めく旅情女子大生、バスガイド、若妻、OL、未亡人に囲まれて!憧れの先輩・真帆とバスツアーに参加した啓太は、旅先で艶やかな美女たちと肌を交わすことに。「こんなに硬くして。天国に連れていってあげるわね」肉茎を柔指でしごかれ、ヌメ光る舌に巻きつかれ――。清楚可憐な先輩にも思いの丈と肉欲をぶつけていく!日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第159弾!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!