健太の熱い吐息が割れ目全体にかかる。そのたびに、大小の肉びらが反応しているのが由美にもわかった

「ああっ、そ、そんなに拡げちゃ、ああっ、だめーーーっ」
逞しい健太の力には敵わない。いくら太ももに力を入れ、逃れようとしても、健太の若い勢いの前には、隠そうとする股間も簡単に正面に向けられ、一気に淫裂があからさまになる。
「ママ、凄い……。ああ、これが、ママのおま×こ……。凄いよ、ママ、おま×こが、激しく、うねってる……」
「い、イヤぁ……そんなこと、言わないで……。ああ、ママの醜いところ、ああ、そんなに見ないで……。お、お願い、健太ちゃん……。ママが、ママが、あなたを、気持ちよく、させてあげるから……」
もう抵抗する気持ちも弱まっていた。薄目も開けられない状態だった。
(危険だわ……。このままじゃ、もし健太ちゃんがお魔羅を挿し込もうとしたなら、私、受け入れてしまう……。だって、私も欲しいのだもの……。ああ、どうしたら、いいの……)
健太の熱い吐息が割れ目全体にかかる。そのたびに、大小の肉びらが反応しているのが由美にもわかった。その動きが、健太の目にはうねっているように見えていることも。
(年齢が倍も上なのに、このままじゃ、私……健太ちゃんに何もしてあげないうちに、あああ、恥を掻いてしまいそう……)
まずは健太を衝き動かしている欲望を鎮めることが肝心だった。若いとはいえ、一度放てば、多少は落ち着く。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。