助手席からの香蓮のタンクトップを押し上げる肉乳の隆起は、ついさっき自由に啄んだ咲枝の乳房を彷彿させる

「さん、なんていらないわよ。あたしはあなたを健太と呼ぶわ」
横顔の線が美しい。血の繋がりはないということだが、何となく、咲枝に似ているような気がする。とくに、助手席からの香蓮のタンクトップを押し上げる肉乳の隆起は、ついさっき自由に啄んだ咲枝の乳房を彷彿させる。
「健太、あなた、ずっとあたしのおっぱいばかり見てる……」
「あっ、そ、そんなことないよ。僕はただ……」
「僕はただ何よ……」
言い返せない自分が情けない。香蓮は勝ち誇ったような微笑を横顔に浮かべていた。
「無理もないわね。あたしのおっぱい、目立つから……。それに、形もいいのよ。乳首だってまだピンク……。見てみたいでしょう。ふふふ、ママの比じゃないわよ。あなた、きっと、夢中になっちゃうから……」
「な、何を言ってるんだよ。初対面で藪から棒に……」

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。