そんな貴史の股間ににじり寄ると、志摩子は自らの手でたわわな豊乳をせりあげ、ペニスを左右から締めつけた

庵乃音人

「あぁ、あ、くうぅ……志摩子、さん……」
貴史は荒い息をつき、射精の気持ちよさに身も心も委ねた。
「貴史さん……」
そんな彼のペニスから手を放し、志摩子が背後から抱きついてくる。ヌルヌルした乳房がさらに強く背中に押しつけられ、鏡餅みたいにつぶれるのが分かった。
「気持ちよかった、貴史さん?でも若いんだもん。まだ物足りないんじゃない?」
「えっ……?」
「立って」
色っぽい声で囁くと、志摩子は貴史の前に回って膝立ちになった。
言われるまま、貴史は立ち上がる。白い泡と精液まみれの肉棒はなおもドクドクと痙攣を繰り返し、精液の残滓を尿口から漏らしていた。
そんな貴史の股間ににじり寄ると、志摩子は自らの手でたわわな豊乳をせりあげ、ペニスを左右から締めつけた。射精したばかりで性感をひりつかせた亀頭を乳肉で圧迫され、貴史は思わず「あぁ」と呻いて天を仰ぐ。
(これは、つまり……パイズリ……?)
「すごい。おちんちん、ピクピクいって……あ、熱い……ンッ……」
驚きと興奮が混じり合った声を上げ、志摩子は乳肉を上下に揺さぶり始めた。
汗とお湯、石鹸の泡でぬめる二つの乳肉が陰茎を圧迫し、カリ首を擦過する。
温かで柔らかな乳肉に敏感な肉傘と竿をしごかれ、たった今射精したばかりだというのに、早くも新たな生殖衝動が肉棒いっぱいに満ち始めるのを感じた。

出典:~魅惑の桃尻温泉郷 女子大生と恋の四角関係 (リアルドリーム文庫)

著者: 庵乃音人

「夏休みって何か予定ある?」密かに恋い慕う大学の先輩・祈里の誘いで訪れた山村。そこで青年は祈里の友人・志摩子の縁談を断るために偽りの婿候補として“お試し婚”をすることになる。祈里への恋心を抱えながらも縮まる志摩子との距離。さらに志摩子の妹も巻き込み、交錯する恋の行方は!?

タイトルとURLをコピーしました