咲枝さんは褒めてくれたよ。その手に余るような僕のち×ぽ、咲枝さんは愛しそうに口に咥えて、よく動く舌で舐ってくれた……

「生意気ね、あなた……。ママにもそんな態度なのかしら……」
咲枝との痴態が蘇る。咲枝に対しては終始、健太のほうが受け身だった。しかし、咲枝は呼び捨てにして、と哀願した。そうすることにより、咲枝は健太の肉棒を淫裂に深々と咥え込みながら、ただひたすら、本能のままに激しく悶え狂った。
「ねぇ、どうなのよ。ママとしてるときも、あなた、そんなだったの?」
健太はそこではじめて、香蓮の胸裏を覗いたような気がした。
(香蓮、綺麗な義母への対抗意識に燃えているんだ……。自分の母親に香蓮を生ませていながら、父親は咲枝さんを選んだ。これって、咲枝さんに対する、香蓮のコンプレックスなのかな)
それはむろん、想像の範疇でしかない。だが、健太ははじめて、口外しない、という矜持を捨てようとしていた。
「ねぇったら……。ママはこんなとき、どうしてくれたの……」
「咲枝さんは、ぼくの魔羅を根こそぎ頬張って、精子を一滴残さず、呑んでくれたよ。香蓮には無理だろうから、そんなことしなくていいけど……」
禁を破った健太を、瞬時に怒りの表情に変わった香蓮が見上げてくる。
(やはり、対抗意識なのだ。香蓮は実母が味わった悔しさを、咲枝とかかわった自分を寝取ることで、溜飲を下げようとしている……)
「あたしだって、そんなことぐらいできる……。何よ、あのママ……こんな若い子のちん×ん、しゃぶって、精子を全部呑み込むなんて、冗談じゃないわ……。あたし、ママに負けない」
香蓮は改めて肉棒を握り締めると、二、三度、長くて細い指を丸めて肉棒を扱いた。
「ああん、何、この大きさと太さ……。あたしの手からほとんどが露出しているじゃないの」
「咲枝さんは褒めてくれたよ。その手に余るような僕のち×ぽ、咲枝さんは愛しそうに口に咥えて、よく動く舌で舐ってくれた……」
「ああ、うるさい!あたしだって、そんなことぐらい、簡単に、できる……」

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

勃起を甘くシコシコと擦りながら、彩香が妖しく微笑む... 勃起を甘くシコシコと擦りながら、彩香が妖しく微笑む。佑二は相貌を恥ずかしげに歪め、指愛撫の快感に腰を引き攣らせた。...
悩ましげに溜め息をつくと、加南子は性懲りもなく勃起した若竿を口に含み、美臀を突きだした... 「はぁ……ああぁ、ねえ、指も……お尻にも、指を入れていい?」 「……もう、慎ちゃんったら、困った子……ふぅ、んんぅ、んぼ、んぽっ」 悩ましげに溜め息をつくと、加南子は性懲りもなく勃起した若竿を口に含み、美臀を突きだした。括約筋を緩め、尻の蕾を膨らませて息子をうながす。 「じゃ、じゃあ……入れる...
美波のショートパンツを剥ぎ取る 舌粘膜が凪子の口内を掻き回す水音に負けじと、美波がペニスを啜り上げる。くらくらと眩暈がするかのような快感に迫られながらも、美波のショートパンツを剥ぎ取る。グレーのショーツもあわせて降ろすと、タンクトップを捲り上げ、スポーツブラも外した。...
女子大生はペニスを握りながら、それでも真剣な目で雅也を見つめ... 再び詩織は指の動きを止めた。雅也は快感がジェットコースターのように変化することに耐えられず、泣きそうになってしまった。女子大生はペニスを握りながら、それでも真剣な目で雅也を見つめ、本気の質問を投げかけてきた。...
茎肌しごきを倍加させ、大きなストロークで根元から亀頭エラまでを刺激してくる... 乳房の中で、もうひと回り肉茎が膨張するのを、潤んだ瞳で見つめながら寧々が射精を促した。茎肌しごきを倍加させ、大きなストロークで根元から亀頭エラまでを刺激してくる。堅乳首のなすりつけにもいっそう熱が加わり、小便孔をほじくり返すような動きを見せている。 「ぐあぁっ、寧々、射精ちゃうよ……ああ、イクっ!...
初々しい動作で手コキを始めた 真帆は啓太に乞われるまま、下着に指を入れ、ペニスをそっと握りしめる。しこしこしこ……しこしこしこしこ。啓太の熱塊を握りしめた真帆は、求めに応じ、初々しい動作で手コキを始めた。ブリーフの布に亀頭の形が盛り上がり、その下に真帆の指の形が浮かぶ。真帆の手コキはぎこちなく、巧みさとはほど遠い淫戯ではあった。...
花穂子の細指が中程を包んで、包皮を剥き出すように根元へと動く... 花穂子の細指が中程を包んで、包皮を剥き出すように根元へと動く。佑二の喉元から、少女のような声が漏れた。...
紅唇が股間に被さってきた。生温かな感触が、先端部を這いずった... 紅唇が股間に被さってきた。生温かな感触が、先端部を這いずった。 「んっ」 佑二の身体にゾクゾクと身震いが起きた。 「んぷ……すごい量、あむん」 指で肉棹の付け根を括り込み、精が漏出をしないよう注意しながら、彩香がねっとりと舐め回していた。唇を尿道口につけて、カウパー氏腺液をジュルッと啜り呑む...
妖しい微笑みを浮かべ、見せつけるように肉棒を舐め上げた... 吉川の劣情をさらに刺激するように、凪子は舌を長く伸ばすと、妖しい微笑みを浮かべ、見せつけるように肉棒を舐め上げた。根元に添えられていた右手は、精子を導きだすように上下にしこしこと動き、ざらついた舌表面が亀頭にべっとりと張り付いて這い回る。精を吸い出すように鈴口をちゅーちゅーと吸われ、気がくるわんばか...
がっちりと硬くなった肉竿を手のひらでぺとりと包み込むと... 凪子が身体の上に跨った宣英のペニスに手を伸ばした。すでに血が通ってがっちりと硬くなった肉竿を手のひらでぺとりと包み込むと、人差し指の先でカリ首をこちょこちょと弄る。弄る。人妻の優しい手つきに、それだけでむずむずっとした快感が腰の辺りに奔り、ドクドクと血流が流れ込んでいく。...