咲枝さんは褒めてくれたよ。その手に余るような僕のち×ぽ、咲枝さんは愛しそうに口に咥えて、よく動く舌で舐ってくれた……

「生意気ね、あなた……。ママにもそんな態度なのかしら……」
咲枝との痴態が蘇る。咲枝に対しては終始、健太のほうが受け身だった。しかし、咲枝は呼び捨てにして、と哀願した。そうすることにより、咲枝は健太の肉棒を淫裂に深々と咥え込みながら、ただひたすら、本能のままに激しく悶え狂った。
「ねぇ、どうなのよ。ママとしてるときも、あなた、そんなだったの?」
健太はそこではじめて、香蓮の胸裏を覗いたような気がした。
(香蓮、綺麗な義母への対抗意識に燃えているんだ……。自分の母親に香蓮を生ませていながら、父親は咲枝さんを選んだ。これって、咲枝さんに対する、香蓮のコンプレックスなのかな)
それはむろん、想像の範疇でしかない。だが、健太ははじめて、口外しない、という矜持を捨てようとしていた。
「ねぇったら……。ママはこんなとき、どうしてくれたの……」
「咲枝さんは、ぼくの魔羅を根こそぎ頬張って、精子を一滴残さず、呑んでくれたよ。香蓮には無理だろうから、そんなことしなくていいけど……」
禁を破った健太を、瞬時に怒りの表情に変わった香蓮が見上げてくる。
(やはり、対抗意識なのだ。香蓮は実母が味わった悔しさを、咲枝とかかわった自分を寝取ることで、溜飲を下げようとしている……)
「あたしだって、そんなことぐらいできる……。何よ、あのママ……こんな若い子のちん×ん、しゃぶって、精子を全部呑み込むなんて、冗談じゃないわ……。あたし、ママに負けない」
香蓮は改めて肉棒を握り締めると、二、三度、長くて細い指を丸めて肉棒を扱いた。
「ああん、何、この大きさと太さ……。あたしの手からほとんどが露出しているじゃないの」
「咲枝さんは褒めてくれたよ。その手に余るような僕のち×ぽ、咲枝さんは愛しそうに口に咥えて、よく動く舌で舐ってくれた……」
「ああ、うるさい!あたしだって、そんなことぐらい、簡単に、できる……」

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

しかし亀頭を口内に残したまま動きが止まり、舌先で鈴口をチロチロとつつく... 「ああっ、ダメだ、彩海さん!出ちゃうから、口を離してっ!」 尚樹の叫びに応じて、彩海の顔が後退する。しかし亀頭を口内に残したまま動きが止まり、舌先で鈴口をチロチロとつつく。その刺激が、最後のひと押しとなった。 「だめだあっ!で、出るううううっ!!」 バスタブから尚樹の尻が浮き上がった。無意識に...
ペニスを慈しむように撫でさする動きは、まさしく〝年上のお姉さん〟らしい... 雅也の視線は、美少女の指に集中する。 姉妹とも真っ白で、美しく伸びた指だ。強烈に膨れあがった肉棒との対比もエロティックだし、手コキの〝流儀〟が違うことも興奮させられる。女子大生の詩織は、とにかく愛情が深い。ペニスを慈しむように撫でさする動きは、まさしく〝年上のお姉さん〟らしい。 一方、女子高生の...
佑二は視線を落として、男性器に絡む白い手に見入った... 佑二は視線を落として、男性器に絡む白い手に見入った。美人の叔母が、カウパー氏腺液で指を濡らしながらしなやかな愛撫をする光景は、こうして自身の目で見ていても夢のなかの出来事のようだった。 「きみ、今わたしとお姉さん、どっちのおててが気持ちいいか、考えているでしょ?人妻の手コキの方がよかった?」...
細い手首のスナップを利かせて、グチョッグチョッという汁音を奏でるのだ... 熱い口づけに深佳の心も蕩けてきたのか、勃起への手淫はさらに熱心さを増していた。細い手首のスナップを利かせて、グチョッグチョッという汁音を奏でるのだ。 「あっおうぅっ……」 射精前のジリジリするような焦燥感に俊輔は、左手で深佳の胸元にしがみつき、右手で細肩をつかまえた。...
人差し指でくびれの溝をなぞるように一周擦った後、そのまま裏筋に沿って撫で降ろしていく... 感激にじんと胸をいっぱいにしながら腰を降ろすと、美波が細い指先を宣英のペニスへと伸ばした。シャイな生娘は、少し恐々とした様子で、可憐な指先で赤黒く充血した陰茎を掴むと、まるで宝物でも触るかのような手つきで、丁寧に擦り上げた。人差し指でくびれの溝をなぞるように一周擦った後、そのまま裏筋に沿って撫で降ろ...
そのままなめ上ると、亀頭でふたりの唇は合流して、ほとんどふたりでキスしているようだ... 「んーっ」 「レロォォ……」 そのままなめ上ると、亀頭でふたりの唇は合流して、ほとんどふたりでキスしているようだ。さらに亀頭を左右から軽く含んで舌で転がすさまは、亀頭を間に挟んでいるのに、母娘のディープキスのようにしか見えない。...
それを引き伸ばして、花穂子はペニスをシコシコと甘く扱き立てた... エラの張った先端部は、この先もっと肥大をするのだろう。今以上に雄々しくなった形を想像した花穂子は、無意識に自身の唇を舐める。尿道口からは、粘ついた液がしたたっていた。それを引き伸ばして、花穂子はペニスをシコシコと甘く扱き立てた。佑二は相貌を歪めて、鼻孔から切なく吐息を漏らした。...
亀頭に舌が打ちつけられ、肉棒が根元から引っこ抜かれそうに吸い上げられた... 彩海の舌のテクニックに比べれば、あまりに荒々しく、自分本位だ。男を楽しませるのではなく、ただ男の分身をしゃぶりたい。男のシンボルを舐めまわして、味わいたいという欲望がストレートに噴出している。亀頭に舌が打ちつけられ、肉棒が根元から引っこ抜かれそうに吸い上げられた。...
佳織の頭を掴んでいた手に力が入り、ぐいぐいと股間に押しつけてしまっていた... なおも佳織は屹立を、口中深く頬張ったままだった。しかも彼女にそんな風にさせていたのは、他ならぬ自分自身のようである。フェラチオ射精の気持ちよさに耽溺するあまり、佳織の頭を掴んでいた手に力が入り、ぐいぐいと股間に押しつけてしまっていた。そのせいで、目鼻立ちのはっきりした色白美貌が啓太の股に密着し、彼の...
長大な肉棒を喉奥まで呑み込むと、深佳は苦しそうに眉根を寄せ、美貌を淫らに歪ませた... 「大ひいのね……じゅちゅっ……顎が外れてひまいほう……んっ……んむぅっ……」 長大な肉棒を喉奥まで呑み込むと、深佳は苦しそうに眉根を寄せ、美貌を淫らに歪ませた。目尻に涙を浮かべ、荒い鼻息を病室に響かせている。艶やかな髪が、美貌を上下させるたび、俊輔の太ももをくすぐっていく。 じゅぶちゅちゅるる、...