尻(開く)

但馬庸太

締めたくても愛撫で弛んだ肛門が、パクパクと開閉する感覚に羞恥の炎が燃え上がる

「ひぁっ!いや、もう充分でしょ。私の膣内にいっぱい出したくせに!」 結衣は尻を振って凌辱樹から逃れようとする。けれども祐介に丸臀を掴まれて広げられ、窄みが露わにされた。 締めたくても愛撫で弛んだ肛門が、パクパクと開閉する感覚に羞恥の炎が燃え...
但馬庸太

祐介に突き上がった臀部を鷲掴みにされて、左右に広げられる

「あぁ、いや。そんなのいやぁあっ」 叫んでも、もうどうにもならなかった。 祐介に突き上がった臀部を鷲掴みにされて、左右に広げられる。 最奥までの距離に再び余裕が生まれ、硬く太い肉棒が女の中へとめり込んでいく。 「くひ、う、あ……お願い、許し...
御堂乱

ケツの穴だ、ケツの穴だと喝采しながら騒ぎたてる兵士たちの声に、オリヴィアの神経は灼き切れてしまいそうだ

「や、やめて!ああっ、そ、そんなっ!」 悲鳴をあげて身をすくませるオリヴィアは、あたかも飢狼の群れに囲まれた美しい牝鹿だ。優雅なドレスを身にまとえばこその近寄り難さである。一糸まとわぬ素っ裸では、高貴のオーラもたいして役には立たない。たちま...
但馬庸太

カリ首を唇で絞め上げて、鈴口を舌の先端でチロチロと舐った

(お願い早く、早くイって) 頬を凹ませて屹立を吸い上げる。カリ首を唇で絞め上げて、鈴口を舌の先端でチロチロと舐った。昨晩まではほとんど知らなかったテクニックだった。 祐介に指導され、裕恵は最低限ながらも男を悦ばせる術を身につけていた。 「そ...
御堂乱

部下たちに貴女の肛門を見せてやりたいのです

「部下たちに貴女の肛門を見せてやりたいのです」 中尉の言葉の意味が、一瞬オリヴィアには分からなかった。 「肛門です。尻の穴ですよ」 (な、なんですって!?) ガーンと頭をハンマーで殴られた気がした。 「ご自分で尻たぶを割って、尻の穴を晒して...
但馬庸太

グイッと左右に開かれ、年齢のわりに使い込まれていない鮮紅色の女肉が覗かれた

「ああ美味い。女将のマン汁を啜れるなんて、役得だ」 「いやぁっ!いやらしいこと言わないで。もうやめて」 裕恵は涙を堪えられなかった。雫はいくつも畳へ零れ落ちていく。しかしいくら哀願したところで、凶悪な獣と化した祐介は止まらなかった。 両手で...
天海佑人

エマが愛菜の尻たぼを開き、美貌を埋めていく。大きく尻の穴をくつろげ、いきなり舌を入れていく。

「奥さんは、愛菜のおま× こを舐めるんだ」 孝典は四つん這いになっている愛菜の下に仰向けでもぐりこむように、静恵に命じた。静恵は泣きそうな表情を浮かべつつも、従った。 家庭を守りたい一心なのだろう……いや、それだけだろうか……この異様な状況...
天海佑人

裕美とエマは変わらず、ソファーの背もたれと向かい合い、人妻らしい熟れた双臀とブロンド妻らしいぷりぷりのヒップを差し上げている

「ああ、一度出したくなった。いやあ、どの穴に出そうかなあ」 そう言って、孝典は静恵のおま× こを突きつつ、キッチンからリビングを見渡す。 裕美とエマは変わらず、ソファーの背もたれと向かい合い、人妻らしい熟れた双臀とブロンド妻らしいぷりぷりの...
天海佑人

益岡先生の妻にぺろりと肛門を舐められ、裕美が狼狽える

「ああっ……いいっ……コックいいのっ」 ブロンド妻のよがり声がリビングに響き渡る。 一人だけ放って置かれている裕美は、自らの手で尻たぼを開き、処女の後ろの蕾を健気に晒したままでいる。 「愛菜、松前先生の奥さんの尻の穴をほぐしてやってくれない...
天海佑人

やはり、アナルの味を知っている肛門は、静恵と裕美の菊の蕾とはエロさが違っていた

「エマ先生、アナルをはやく見せてください」 「あ、ああ……三人も……いるなんて……いや、四人ね……」 エマがかぶりを振りつつも、両手を尻たぼにまわし、他の人妻同様、ぐっと広げていく。 ブロンド妻のアナルがあらわとなる。やはり、アナルの味を知...
天海佑人

三つ並んだ壮観過ぎる双臀を見て、孝典のペニスが愛菜の口の中でひとまわり太くなったのだ

「エマ先生もはやく素っ裸になって、そこに並んでください」 と益岡先生の妻と松前先生の奥さんの双臀が並ぶソファーを指差す。 エマがなかなか極小パンティを取らないでいると、孝典は携帯のディスプレイにアナルファックしているエマの写メを出す。 「滝...
天海佑人

そう紹介しつつ尻たぼを広げると、剥き出しにさせた尻の穴にずぼりと指を入れていった

「な、なに、これはいったい……」 全裸でソファーの背もたれに向かい合い、並んでこちらに熟れた双臀を突き出している二人を目にして、エマは目を見張った。 「こちらが、松前先生の奥さんの裕美さん」 そう言って、裕美の尻たぼをそろりと撫でる。すると...
天海佑人

長い足を運ぶたびに、むちっむちっと熟れた尻たぼがうねる

「先生の奥さんたち、ソファーの背もたれに向かいあうように座って、こっちに尻を向けてください」 静恵と裕美がお互いの目を見つめあう。先に、静恵がリビングのソファーに向かう。長い足を運ぶたびに、むちっむちっと熟れた尻たぼがうねる。尻の狭間のくね...
天海佑人

エマがぷりぷりのヒップを高く掲げ、自らの手で尻たぼを広げて、アナルを見せつけてきた

「だめよっ、中に出してはだめっ。出すなら、エマのアナルにっ」 エマがぷりぷりのヒップを高く掲げ、自らの手で尻たぼを広げて、アナルを見せつけてきた。 孝典はブロンド妻のアナルを見ながら、愛菜のおま× こに射精させていった。 「あっ……ああ、あ...
天海佑人

静恵は四つん這いの姿勢のまま、自らの手で尻たぼを開き、処女を失ったばかりの尻の穴を孝典に晒す

孝典は母親の尻の穴から鎌首を抜いた。鎌首には、娘の鮮血だけでなく、母親の鮮血も混じっていた。 それを、愛菜の前の穴に当てていく。 「だめっ、娘にはもう入れないでくださいっ」 母親が哀訴の声をあげる中、再び、ぐぐっと娘の女穴をえぐっていく。 ...
天海佑人

「私のお尻の処女をっ……小嶋さんに……捧げますっ」そう言うと、母親は自らの手でむちむちの尻たぼをぐっと割っていった

とにかく、清廉な縦筋だった。 孝典はいきなり、そこに向けて鎌首を進めていく。 「だめっ、入れてはだめっ。私にっ、私のおま× こに入れてくださいっ」 と静恵が自らの手でスクール水着をずらし、熟れた人妻の割れ目をあらわにさせる。 「そっちは処女...
鮎川晃

ぐぢゅぐぢゃみぢょおっ!……と、長さいっぱいに濡れ音を立てながら、ち× ぽに深々貫かれ、たまらず奈津子が背中を反らす

「あぁ!や、やっとまた入れられる!奈津子さんっ、おま× こするよ?いいよね?」 清拭と呼ぶには、あまりに濃厚で甘い手管のせいで、勇作はもう焦れに焦れていたから、奈津子を強引に抱き寄せるや、背後に回って一気に貫く。 「あひいん!そ、そんないき...
天海佑人

エマは壁に両手を突き、ぷりぷりのヒップを差し出している

翌日の昼休み──孝典はエマのアナルを舐めていた。 孝典のクラスがあるフロアの女子トイレの個室にいた。エマは壁に両手を突き、ぷりぷりのヒップを差し出している。孝典は高く張った尻たぼをぐっと開き、奥に息づくアナルを舐めている。 「あっ、ああっ…...
天海佑人

孝典はすぐさま尻たぼをぐっと開き、菊の蕾をあらわにさせた

商店街で見た時とは違い、むちむちの太腿が付け根近くまであらわとなっている。このエロ過ぎる太腿を露出させて商店街を歩くのは、おま× こ丸出しで外を歩くのと変わりないくらい卑猥だと思った。 孝典はショートパンツからはみ出ている尻たぼに手を添え、...
天海佑人

エマは甘い声をあげつつ、尻たぼに手を置き、ぐっと開いていく

「尻たぼを開いて、エマ先生」 「ああ、もう、アナルはゆるして……」 エマが哀願の声をあげる。それに孝典はヒップスパンキングで応える。 ぱしぱしっ、とぷりぷりの尻たぼで平手が鳴る。 「はあっ、あんっ……」 エマは甘い声をあげつつ、尻たぼに手を...