だが知美のアヌスは本人も知らぬ間に次第に柔らかくほぐれ、肛辱に馴染んできていた。ヒクヒクと収縮しながら、妖しいうごめきで男の指を締めつけている

御堂乱

「尻の穴までほじってやってるんだ。もうそろそろ、僕を恋人と認めてくれてもいいんじゃないか?ヘヘヘヘ」
恩着せがましく言って、腸管に押し入った中指を右に左に回転させた。
ゴム輪を幾重にも巻いたような緊縮感がたまらない。媚肉とは比べものにならない肛肉の締まりに、昌平の声はうわずった。
「どうだ、まんざらでもねえだろう。尻を責められる味を覚えたら、マンコだけじゃ物足りなくなるぜ」
「あわわ、あわわわッ、ひいッ!」
知美はのけぞって悶絶した。
指が回るたびに、便意に似た重苦しい圧迫感が生じる。血も凍る肛辱のおぞましさに、ブルブルと慄えが止まらない。もうまともに言葉も出せなくなった。
「ひいッ……あわわわッ……ひッ、ひッ、ひいッ」
「ヘヘヘ、とろけてきたぜ。いい尻の穴してやがる」
「ひいッ、ひッ、ひッ」
声がかすれてきた。おぞましさと苦しさばかりで、尻穴がとろけてきたと言われても、何のことか分からない。だが知美のアヌスは本人も知らぬ間に次第に柔らかくほぐれ、肛辱に馴染んできていた。ヒクヒクと収縮しながら、妖しいうごめきで男の指を締めつけている。
「ハアアッ……」
どれくらいの間そうやって嬲られていただろう。ようやく指を抜かれてホッとしたのも束の間、今度はもっと大きくて熱いものを押し当てられた。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!

タイトルとURLをコピーしました