ぽってりとした唇を開き、宣英の剛直をぱくりと咥え込んでしまった

ちえりは、さっと宣英の足元にしゃがみ込み、砂浜に膝立ちになると、躊躇する様子もなく、ぽってりとした唇を開き、宣英の剛直をぱくりと咥え込んでしまった。温かな口内粘膜にぬるりと包み込まれ、とろりとした舌の感触に、全身の毛穴が開きそうに気持ちがいい。ちえりがうっとりと目を細めた。温かくぬるぬるとした粘膜の感触がたまらず、腰骨の辺りがうずうずとする。悦楽に身震いすると、ちえりは上目遣いで宣英を見上げて小悪魔的な微笑みを浮かべた。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!