Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/e4t/erokotoba.net/public_html/wp-content/plugins/pushpress/class-pushpress.php on line 204

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/e4t/erokotoba.net/public_html/wp-content/plugins/pushpress/class-pushpress.php on line 212
リンクに広告が含まれています

嘴管で夏子の肛門をこねくりまわしつつ、ピュッ、ピュッと少量ずつ射精みたいに注いでいく

結城彩雨

「ああ、約束がちがうッ……いや、浣腸なんて、いや、いやですッ」
もはや流入をとめる術もなく、夏子は羞恥と汚辱で気が遠くなりかけた。
五郎はわざと区切って注入した。嘴管で夏子の肛門をこねくりまわしつつ、ピュッ、ピュッと少量ずつ射精みたいに注いでいく。
「あ、ああッ、こんなの、いやッ」
夏子は昂った声を張りあげて、両脚を揺さぶり、双臀をのたうたせる。
ピュッと入ってくる感覚のおぞましさを、いったいなににたとえればいいのか。無限に男の精を浴びせられているようであり、腸の隅々までもてあそばれるようでもある。
「い、いやあ……」
ひとりでに身体中がふるえ、歯がカチカチと鳴った。汗に光る肌に、さらにじっとりと脂汗が滲みでた。
「いや、いやよ……入れないで……」
「へへへ、じっくりと味わうんだ、奥さん」
「やめて……かんにんしてッ、やめて……」
「どうすりゃやめてくれるか、さっき教えたはずだぜ」
前で冷二が張型には手を触れないままに言った。
五郎がシリンダーを押して薬液を注入するたびに、張型を咥えこんだ媚肉がヒクヒク蠢くのが生々しい。冷二の目がいやらしく細くなった。
「やめて、浣腸はいやッ……ああ、前を……いじめて……」
夏子が耐えきれずに言った。ジワッとふくれあがってくる便意が、夏子に恐怖を呼び起こす。

出典:~人妻肛虐調教週間 (フランス書院文庫)

著者: 結城彩雨

どうして、こんなことに……なってしまったの……。淫鬼の奸計に堕ち、調教地獄に見舞われた夏子。夫にさえ晒したことのない菊門に浣腸の毒液を注入されながら、悲哀の翳りを頬に浮かべる姿は、あまりにも美しすぎた……。運命なのか? それにしても、何たる皮肉だろうか? 肉悦の中を彷徨う人妻は、肛虐奴隷として生きるしかない!