か・浣腸

結城彩雨

街ですれちがったら必ず振りかえるほどの美貌の人妻の排泄行為など、一生に一度も見ることはできないだろう

「うむ、うむむッ……ひッ、ひいッ……で、出ちゃうッ」夏子は眦をひきつらせ、唇を噛みしばってひいひい喉を絞った。注入し終わるまでも耐えられなかった。ドクドク流入するのを押し戻して、ショボショボと漏れはじめる。「おっとと……だらしねえな。一分も...
結城彩雨

もう身体中は脂汗にヌルヌルで、玉の汗が身悶えるたびに肌をころげ落ちた。黒髪までもが湿る

歯を噛みしばったまま、夏子は泣いた。今度の男は、さっきとはうって変わって叫びだしたくなるほどの遅さで、ゆっくりと注入してくる。「……お願い……早く、ああ、早く、すませて……」夏子は脂汗に光る裸身を揉んで、哀願を繰りかえした。にもかかわらず、...
結城彩雨

男は嘴管の先で夏子の肛門をいじりまわすだけで、なかなか注入しようとはしなかった

「二本目はどれを選ぶんだい、奥さん」冷二が夏子の双臀をピタピタとたたいた。「早くしねえと、あとで苦しむだけだぜ、奥さん。なにしろ一本目はグリセリンのストレートだったんだからよ、フフフ」「ああ……これ以上は……」夏子は怯え、迷った。もしまたお...
結城彩雨

だが、夏子の便意は荒々しくかけくだって、もはや限界だった。荒れ狂う便意に内臓がかきむしられる

夏子の黒髪をつかんでしごきながら、五郎が言った。「う、うむ……苦しい……」「苦しけりゃ、もう一本挑戦してみるか、奥さん。水で薄めりゃ少しは楽になるぜ」「……う、ううッ……」夏子は弱々しくかぶりを振った。だが、夏子の便意は荒々しくかけくだって...
結城彩雨

早くも便意がふくれあがるのか、夏子の身体がブルブルとふるえながら、脂汗を噴きはじめた

冷二がそう言ったので、見ている男たちが歓声をあげた。グリセリンの原液が五合というと、かなりの量だ。夏子がどこまで耐えられるか楽しみだった。男は夏子に浣腸する快感に酔いしれて、グイグイと注入していく。一気にドッと入れるやり方で、そこに男の興奮...
結城彩雨

荒々しく肛門に突き立てられる浣腸器に、夏子は唇を噛みしばってのけぞった

「美人というのは、尻の穴も色っぽいんだな。ゾクゾクするよ」「あ……ああッ……いや……」荒々しく肛門に突き立てられる浣腸器に、夏子は唇を噛みしばってのけぞった。「フフフ、どうだ。他人にされる浣腸というのも、気分が変わっていいもんだろうが」「入...
結城彩雨

嘴管が引き抜かれるのと同時に、夏子の肛門は生々しく口を開いて、ドッとほとばしらせた

「出るッ、出ちゃうッ……あああ……」嘴管が引き抜かれるのと同時に、夏子の肛門は生々しく口を開いて、ドッとほとばしらせた。あとからあとから、おびただしく流れだす。「へへへ、派手にひりだすじゃねえか。今、誰か入ってきたらどうするんだ、奥さん」「...
結城彩雨

今度は五郎が長大な浣腸器のノズルをおもむろに夏子の肛門へ突き刺した

「へへへ、可愛いことを言いやがる」今度は五郎が長大な浣腸器のノズルをおもむろに夏子の肛門へ突き刺した。「ああ……あむ……」キリキリ唇を噛んで、夏子は黒髪を振りたてた。一度中断されたことで、再開された浣腸はいっそうつらいものだった。すでに注入...
結城彩雨

ね、ねえ……夏子のお尻の穴、見えるでしょう……早く、早く浣腸して……

「は、早く……早く浣腸をすませてください」「あせるなよ、へへへ、いやでもたっぷりと浣腸のつづきはしてやる」冷二と五郎は夏子のバスタオルを剥ぎ取ると、左右からまとわりつきつつ、温泉に浸かった。ザーッと湯が溢れる。「なかなかいい岩風呂だ。でかい...
結城彩雨

夏子はふくれあがる便意も忘れて哀願した

ちょうど千CCまで入れたところで、冷二と五郎はいったん嘴管を引き抜いた。夏子をテーブルからおろし、縄を解く。「浣腸のつづきは大浴場でだ、奥さん」「そんな……ここでして、お願いです……浣腸はここで」夏子は狼狽した。浣腸を中断したり、大浴場へ連...
結城彩雨

さんざん捻じり棒でいじくりまわされた直腸にグリセリン原液が滲みこみ、それがいっそう便意をふくれあがらせるのだろうか

注入されるのはグリセリンの原液である。すぐに便意がふくれあがって、夏子は裸身に脂汗を滲ませはじめた。「ああ、う、うむ……」夏子はキリキリと歯を噛みしばった。さんざん捻じり棒でいじくりまわされた直腸にグリセリン原液が滲みこみ、それがいっそう便...
結城彩雨

長大なシリンダーがジワジワと押され、ズンと薬液が夏子に流入しはじめた

冷二が薬液をいっぱいに充満させた長大な浣腸器を、夏子の目の前にかざしてみせた。一升瓶よりもずっと大きい、恐ろしいほどの大きさである。「へへへ、これでいいか、奥さん。量は三千CCでグリセリンは原液だぜ」「これならたっぷり浣腸してやれるぜ。原液...
結城彩雨

そして夏子がひときわブルッとふるえた次の瞬間、激しくかけくだった便意が肛門からショボショボと漏れはじめた

一度声をあげると、夏子はとめられなくなった。夏子の脳裡から夫の面影が消えていく。五郎に犯されていることすらわからなくなっていく。そして夏子がひときわブルッとふるえた次の瞬間、激しくかけくだった便意が肛門からショボショボと漏れはじめた。「あ、...
結城彩雨

だが、肛門に突き立てられた嘴管のほうは、ジワジワとシリンダーを押しこまれて、薬液を注入されつづけた

夏子はグッタリと縄目に裸身をあずけたまま、汗に光る乳房から下腹をあえぎ波打たせていた。両目を閉じ、唇を半開きにしてなかば失神した様子である。「へへへ、とうとう気をやりやがったぜ。敏感な身体しやがって」「ムチムチした身体といい、悶えようといい...
結城彩雨

夏子は荒々しい便意の高揚に責めさいなまれながら、もう錯乱状態に陥ったように男の肉棒をしゃぶりつづけた

冷二と五郎は何度も入れかわった。冷二が五百CCの目盛りまでシリンダーを押しこむと、今度は五郎が浣腸をして冷二が夏子にしゃぶらせる。次に千CCの目盛りまでいくとまた入れかわるといった具合に、五百CCごとに入れかわる。「うぐッ……うむむ、かんに...
結城彩雨

夏子は悩乱のなかに泣き、うめく唇をわななかせながら、突きつけられたたくましい肉棒に唇を触れさせた

「ほれ、浣腸されながらしゃぶらねえかよ、奥さん、へへへ」「ああ……」夏子は悩乱のなかに泣き、うめく唇をわななかせながら、突きつけられたたくましい肉棒に唇を触れさせた。(も、もう、どうなってもいいわ……)そんな気持ちになっている。「舌で舐めろ...
結城彩雨

冷二はせせら笑いながら嘴管をゆっくりと夏子の肛門に突き刺した

「どうした、奥さん。おねだりはまだか」と冷二が高くもたげられた夏子の双臀の前で、浣腸器を構えて意地悪く催促した。「ああ……本当に許してくれるのね……約束を守って……」夏子はもう一度念を押すと、悲愴な覚悟をしたようにワナワナふるえる唇を開いた...
結城彩雨

必死にすぼめる肛門が、まるで花の蕾がふくらむように内から盛りあがったかと思うと、次の瞬間にドッとほとばしらせた

「奥さんがどんなふうにウンチをするか、じっくり見せてもらうぜ」「そんなッ……いや、ああ、助けてッ……も、もう我慢できないッ」夏子は泣きながら腰をよじった。目の前が暗くなった。耐え得る限界に迫った便意にジリジリと灼かれた。いくら気力を振り絞っ...
結城彩雨

しっかりしろ、と五郎は嘴管で夏子の肛門を突きあげつつ、グイグイとシリンダーを押しこんだ

「まだ気を失うのは早いぜ、奥さん」しっかりしろ、と五郎は嘴管で夏子の肛門を突きあげつつ、グイグイとシリンダーを押しこんだ。「う、ううむ……」夏子は失神することすら許されず、急激にふくれあがる便意の苦痛にうめいた。その苦痛に、官能の余韻さえ呑...
結城彩雨

「……か、浣腸してくれるから……気持ちいい……夏子、いいッ……」

「その調子だ。オマ×コだけでなく尻の穴も責められると、ズンといいだろうが」五郎は短く区切って注入していく薬液の量をしだいに多くしはじめた。おもしろいようにドンドン入っていく。五十CCほども一気に注入してやると、それだけで、ひいッ、と今にも昇...