五郎はゆっくりと、だが子宮を突きあげるまでに深く入れた

結城彩雨

「いやあッ」
夏子は泣き叫んでのけぞった。
火のような肉棒の先端が内腿に触れ、ひろがった媚肉に触れてきた。まるで焼け火箸を押し当てられたみたいに、夏子はビクン、ビクンと腰を跳ねあげ、ひいッと喉を絞った。
「生娘じゃあるまいし、ジタバタするんじゃねえよ、へへへ」
「オマ×コは欲しがってベチョベチョだぜ」
もう少し右だ、左だと言いながら、夏子の身体がさらにおろされた。
灼熱がジワジワと媚肉に分け入ってくる感覚に、夏子は目の前が暗くなった。その闇に夫の面影が浮かんだ。
「あ、あなたッ、助けてッ……あなた、あなたッ」
いるはずのない夫を呼んで、夏子は必死に救いを求めた。
「あなたあッ……」
「へへへ、これだから人妻ってのはこたえられねえぜ。ほれ、亭主以外の男とつながる気分はどうだ、奥さん」
怯え泣きじゃくる夏子の美貌を覗きながら、五郎はゆっくりと貫いていった。
「ひいッ、あなたッ、許してッ……あ、あむむ……けだものッ」
夏子は苦悶に近い美貌をのけぞらせ、悲痛な声を張りあげた。
五郎はゆっくりと、だが子宮を突きあげるまでに深く入れた。とても子供を生んだことがあるとは思えない締まり方だった。
とろけきった肉がざわめきつつ、しっかりと熱くまつわりついてくる。そのままさらに奥へ吸いこまれそうだった。絶品の名器とでもいうのだろうか、とにかく少しも気が抜けない。

出典:~人妻肛虐調教週間 (フランス書院文庫)

著者: 結城彩雨

どうして、こんなことに……なってしまったの……。淫鬼の奸計に堕ち、調教地獄に見舞われた夏子。夫にさえ晒したことのない菊門に浣腸の毒液を注入されながら、悲哀の翳りを頬に浮かべる姿は、あまりにも美しすぎた……。運命なのか? それにしても、何たる皮肉だろうか? 肉悦の中を彷徨う人妻は、肛虐奴隷として生きるしかない!