亀頭を啜る少女の頬が凹み、鼻の下が間延びして映る

従った褒美とばかりにナミは戻ってきた二人の肉棒を左右の手で握るなり、口元へと誘い、咥え込む。
「うぉ、やっぱすげ……。年下の癖に、どんだけ経験積んでんだよお前」
「おほっ、玉揉みと同時のバキューム最高ぉ」
亀頭を啜る少女の頬が凹み、鼻の下が間延びして映る。冷静に見れば不細工でしかないその様が、なぜかこの時真弓にはこの上なく卑猥な光景に思えてならなかった。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!