ナミの手が背にしがみついたために、往来する肉棒とより強かに擦れ合った真弓のクリトリスが、呻きながら隆起する

白布越しの陰唇が貪欲にパクつけば、あえて緩慢。耐えかねて息を吐いた途端に素早く抜き差し。腰振るリズムも、突き立てる角度さえ頻繁に変えて、待ちわびる女芯二つを翻弄する。
「はひっ、ぃ……マジやば、ぁっ……マンズリだけでイキそ……あぁっンン……!」
腰を固定されていないナミの身体が律動のたび派手に前後に揺れ動き、密着する真弓の肌を摩擦する。ローションのぬかるみが女体をやんわり嬲り、切なさに溺れた少女が身を捩るたび。白布を押し上げて尖る乳首同士が摺れ合い、よりいっそうの煩悶が育まれてゆく。
「ンぁ、っ、あ、ひぃ……っ、手、離しっ、んァ……ッ、ひび、くぅぅっ」
ナミの手が背にしがみついたために、往来する肉棒とより強かに擦れ合った真弓のクリトリスが、呻きながら隆起する。孕まされた熱と痺れは即座に悦の糧として消費され、止め処もない淫気が恥丘を覆った。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!