ナミの細指が肛門を突き割り、堂本の腰振りに合わせたリズムで腸洞を穿ちだす

ナミの細指が肛門を突き割り、堂本の腰振りに合わせたリズムで腸洞を穿ちだす。
「ひぐぅっ!うっ、うぅ、っンぅぅ!」
ローションのとろみが腸内に染み入る感覚に、女将の背がぞわついたのも束の間。ぞわつきごととろみを撹拌するナミの指が、猥褻な響きと振動を腸内に植え付ける。ローションが腸内で温まり、蠕動する粘膜のそこかしこに吸着して糸を引いた。新たな疼きの種を得た腸洞が、嬉々としてうねり蠢いている。それでも、まだ。
「うぅ、やぁ……指じゃ、駄目……なのぉ……」
女の細指一本では、足りない。伸びた爪で腸内を掻く動き自体は巧みだが、真弓の弱点を知らぬナミの指は一番感じる部位を素通りする。摩擦愛撫されるたびに悦びと同程度の苛立ちが募ってしまう。真弓自ら腰を揺すり気持ちいい場所に指を当てようと試みるも、ローションに動きを取られ、余計に歯痒さが蓄積する。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!