預けられたペニスに頬擦りしてから、ナミの反対側から竿に口づける

先に舐っていたナミの舌が根元付近から押し弾いたために、脈打つ幹が真弓の頬を打ち叩く。口端歪めた悪戯娘の顔が竿越しに覗いて、挑発されたのだと悟った。
(馬鹿にして……!)
預けられたペニスに頬擦りしてから、ナミの反対側から竿に口づける。そのまま舐りながら、二つの舌のちょうど真ん中辺りまで押し戻す。汗を掻いて少し塩辛い味わいの肉竿は、舐りつく二つの唇の間で脈動し、喜悦を隠す事なく教えてくれた。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!