クリトリスの横に指を添えて引っ張ると、皮を被っているのがわかるでしょ

「クリトリスの横に指を添えて引っ張ると、皮を被っているのがわかるでしょ。普段はいきなり皮を剥いて、愛撫をしたりしてはだめよ。そこはとっても敏感で、痛くなっちゃうからね。今みたいに、しっかり身体ができあがっている状態の時はぐいぐいやって構わないから」
「はい。奥さまのピンク色で、可愛らしい形してます。ぷくって膨らんでるんですね」
口をつけたまま、少年はくぐもった声で返事をする。佑二の舌は遠慮なく這いずった。生じる愉悦に、花穂子の括れたウエストはくねった。小さな感覚器は充血を増して、ピンと尖る。佑二に太ももを掴まれているため、尻を落として逃げることもかなわなかった。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!