継母の求めに応じて、佑二は深く刺し貫き、底の方に精を流し込んできた

「ああん、佑二さん、もっと奥まで流し込んで下さいまし」
継母の求めに応じて、佑二は深く刺し貫き、底の方に精を流し込んできた。花穂子は白い脚を佑二の脚に絡みつかせ、濃厚な樹液を与えてくれる肉体に、肌をすり寄せた。佑二の胸板に熟れた乳房を押し当て、陶酔の吐息を首筋に吐きかけた。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!