「ああん、凄い……。健太ちゃん、また、一回り、大きく、硬くなって……」 脳裏に浮かんだ、義母と留美子の淫唇を思い出すことにより、肉棒はさらに隆々と聳え立つ。咲枝は嬉々として、扱く手の動きを速くする。 …

熱く、猛りきった男根が押し入ってくる

      

奥寺が髪をつかみ、男根を恵里子の顔に押しつけた。 「イヤああっ!」 「咥えろよ」 無意識のうちにイヤイヤをしていた恵里子だが、強引に朱唇を割られた。熱く、猛りきった男根が押し入ってくる。たちまち喉まで…

射精に備えてひくつく鈴口に、彩海が口をつけた

      

「ああ、こぼすのはもったいないわ」 射精に備えてひくつく鈴口に、彩海が口をつけた。再び亀頭に受けた刺激がスパークして、尚樹はたまらず腰をせり出す。 「うおおおおう、出るうっ!!」 尚樹はとっさに両手で…

肉茎は母の口を前後に蹂躙した

      

「いいの?ママ、続けるよ」 佑二の手に再び力がこもり、母の頭を固定した。溜めを作って母の唇をズブッと突き差す。肉茎は母の口を前後に蹂躙した。涎をだらだらと滴り落としながら、花穂子は唇と喉を弛緩させ、出…