美しいまろみがブラカップを載せたまま、たゆとうように揺れていた

震える手をまろやかな背筋に滑らせ、ブラジャーのホックを指先で探る。けれどそれは、初めてではないにしても慣れない俊輔には、難しい作業だった。乳房見たさに、気がはやるばかりで思うに外せない。
「焦らなくても大丈夫ですよ。指先で、摘むようにしてください……」
掠れ気味の優しい声が耳元で囁く。しなやかな腕が首筋に巻きつき、頭の中をやわらかくかきむしられる。何度か指を滑らせたり失敗を繰り返したりするうち、ふいにプツッと音がしてブラが撓んだ。
(やった!)
俊輔にしがみつく女体をゆっくりと引き剥がし、膨らみに視線を落とす。美しいまろみがブラカップを載せたまま、たゆとうように揺れていた。