美しいまろみがブラカップを載せたまま、たゆとうように揺れていた

震える手をまろやかな背筋に滑らせ、ブラジャーのホックを指先で探る。けれどそれは、初めてではないにしても慣れない俊輔には、難しい作業だった。乳房見たさに、気がはやるばかりで思うに外せない。
「焦らなくても大丈夫ですよ。指先で、摘むようにしてください……」
掠れ気味の優しい声が耳元で囁く。しなやかな腕が首筋に巻きつき、頭の中をやわらかくかきむしられる。何度か指を滑らせたり失敗を繰り返したりするうち、ふいにプツッと音がしてブラが撓んだ。
(やった!)
俊輔にしがみつく女体をゆっくりと引き剥がし、膨らみに視線を落とす。美しいまろみがブラカップを載せたまま、たゆとうように揺れていた。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!