はち切れんばかりに膨らんだ乳塊が、重そうに弾んで肉実を揺らす

魅惑の眺めにますます息を荒くした。啓太はブラを、鎖骨の上までずり上げる。
──ブルルルルルルンッ!
悩ましすぎる豊乳が、とうとう眼前に露出した。あの夜、露天風呂の薄明かりの中でも見た素敵すぎるおっぱいは、やはりつきたてのお餅さながらの丸みと白さ。はち切れんばかりに膨らんだ乳塊が、重そうに弾んで肉実を揺らす。しかも、風船のように膨らむ色白おっぱいの先端で、六、七センチはあるはずの見事なデカ乳輪がピンクの円を描いていた。

出典:~とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

著者: 庵乃音人

とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

憧れの女子大生と艶めく旅情女子大生、バスガイド、若妻、OL、未亡人に囲まれて!憧れの先輩・真帆とバスツアーに参加した啓太は、旅先で艶やかな美女たちと肌を交わすことに。「こんなに硬くして。天国に連れていってあげるわね」肉茎を柔指でしごかれ、ヌメ光る舌に巻きつかれ――。清楚可憐な先輩にも思いの丈と肉欲をぶつけていく!日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第159弾!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!