けれど、薄い下着を通し互いの性器の温もりは、充分以上に伝わった

細腰に両手をあてがい、もどかしくもその臀朶にめり込ませ、ゴリゴリと擦りつける。恥ずかしさも見境もない。ひたすら放出したくて仕方がないのだ。
「もう。仕方ありませんねぇ……今日は、特別です」
俊輔の体に上体を押し付けたまま、軽い女体が微妙にその位置をずらした。すると、ストッキングに包まれた太ももの付け根に昂る勃起がぶつかった。
「うあっ、え?千夏さん、これって……」
未だ俊輔はパンツを穿き、千夏もストッキングと、さらにその下にはショーツを身につけている。けれど、薄い下着を通し互いの性器の温もりは、充分以上に伝わった。