口腔性感を突かれ発情を促されるのか、豊麗な肉体を淫らにくねらせている

じっとしていられなくなった俊輔は、不自由ながらも腰を浮かせ、あわただしく動かしはじめた。
「おうん……俊輔くん…激しいのね……にちゅる、ずぶちゅちゅ……もう…射精ちゃいそうなのね」
抽迭のピッチが上がり、えずきそうになっても、深佳は肉塊を吐き出そうとはしない。かいがいしくも俊輔の白濁を、口で受け止めてくれるつもりなのだ。
口腔性感を突かれ発情を促されるのか、豊麗な肉体を淫らにくねらせている。白魚のような右手を、今にも自らの淫裂に導くのではと思われるほどの身悶えだった。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!