口腔性感を突かれ発情を促されるのか、豊麗な肉体を淫らにくねらせている

じっとしていられなくなった俊輔は、不自由ながらも腰を浮かせ、あわただしく動かしはじめた。
「おうん……俊輔くん…激しいのね……にちゅる、ずぶちゅちゅ……もう…射精ちゃいそうなのね」
抽迭のピッチが上がり、えずきそうになっても、深佳は肉塊を吐き出そうとはしない。かいがいしくも俊輔の白濁を、口で受け止めてくれるつもりなのだ。
口腔性感を突かれ発情を促されるのか、豊麗な肉体を淫らにくねらせている。白魚のような右手を、今にも自らの淫裂に導くのではと思われるほどの身悶えだった。