女が四つん這いとなり、ライトグレーのロングスパッツをピチピチに張りつめさせた尻を差しだし

そこで奥寺の足はとまった。
入り口を過ぎるなり出くわしたのが、女の巨大な尻だったからだ。
入り口脇のストレッチマットで女が四つん這いとなり、ライトグレーのロングスパッツをピチピチに張りつめさせた尻を差しだし、「さあ、見て」と言わんばかりに奥寺を出迎えたのである。
それが石原比佐子だった。