比佐子は巨尻をうねうねとうねらせる

奥寺は生唾を呑むと、大きく開いた右掌をそっと尻肉に合わせていく。
「ひいいいっ」
女体がゆらりと揺らいだ。巨尻がブルブルッとわななき、次に固く緊張した。
「さわらないでっ」
「このケツはさわってほしいってケツしてるよ。見せつけやがって」
柔軟性豊かな肉質や燃えるような女体の体熱がスパッツ越しにも伝わった。息を詰めて撫でまわせば、臀丘の丸みと割れ目の起伏が生々しい。これがこれまでさんざん見せつけられ、苛立たされてきた尻かと思えば、おのずと魔手に力がこもった。右掌に片側の尻肉を捕らえグラグラと揺さぶりながら、左手で比佐子の髪をつかみあげた。
「あ、ああっ、痛いっ。放してっ」
比佐子は巨尻をうねうねとうねらせる。だが心なし美貌が険しく歪んでいる。