キュッと肛門を噛みしめても、指を押しとどめられない

珠実を嘲笑うかのように、奥寺は牝芯を舐めあげ、水着の内側に指をこじ入れる。指は会陰を伝っていき、肛門でとまる。そこで角度を変え、肛門へ垂直に突き立てる。
「あ、ああっ。さわらないでえっ」
珠実は拘束もものかは身を揺らした。しかし魔指は冷徹なまでに潜りこんでくる。お尻はローションによって水浸しの状態で、潤滑剤はたっぷりだ。キュッと肛門を噛みしめても、指を押しとどめられない。ほどなくズボズボと出入りを開始してしまう。
その動きがおぞましい感覚を呼び起こした。食いこんだ魔指が外へ引かれるたび、一瞬猛烈な便意がこみあげる。本能的に肛門を引き結べば、武骨な魔指の刺激をそれだけまともに受けた。その間も絶えず舌ビラが牝芯を舐めあげ、たまらない愉悦を送りこんでくる。珠実の身体は、みずからの努力では制御不可能なものになっていった。
「お尻はっ……イヤッ……お尻はやめてっ……」

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!