フフフフッ。ケツの穴がぽっかりだ

「くっ……くうううっ……はああっ……イヤッ……あ、ああっ……」
「フフフフッ。ケツの穴がぽっかりだ」
「あ、ああっ。イヤああっ」
あわてて肛門を引き絞ったが、間一髪間に合わない。またも異物を突きこまれる。奥寺が指を挿入したようだ。バイブと異なってヌメッとした感触がする。単に挿入したばかりでなく、律動が開始された。理香の意思とは関係なく、肛環が魔指に絡みつく。バイブで長時間揺さぶられてきた肛環は、極度に敏感になっている。
「あううっ……ど、どうしてっ……ああ、お尻がっ……」
恥蕾ばかりか、肛環からじわじわと性悦が立ちのぼる。理香は戸惑いを口走った。いかにも肛環の知覚を呼び起こしてやろうという意図が見えみえの魔指の動きなのだ。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)
白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。
コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。
熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。
初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。
哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。
五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!