それで理香の両腕を頭上高く縛りあげにかかると、狼狽を露わにした

萎れた水着を拾いあげ、それで理香の両腕を頭上高く縛りあげにかかると、狼狽を露わにした。「イヤッ、イヤッ」と短く哀訴しつつ身体を捩らせている。
が、程なく拘束は完了した。そして余った布地を壁際のスチール棚の脚に括りつける。これで美麗な裸身は起きあがることができなくなった。
「あ、ああっ……」
理香は芋虫さながらに身を揺らす。陰部への視線を遮ろうとしているのか、内ももを捩り合わせる仕草が獣性を刺激する。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!