吸わないでえっ。イヤああっ。吸っちゃイヤああっ!

恥蕾がチロチロと小突かれ、転がされた。全身の血液が沸騰し、四肢の端々まで一瞬に灼きつくされる。
村松はヘラヘラと薄笑いを浮かべつつ、間断なく恥蕾をねぶりまわしていく。からかうようにツンツンッと突きまわしては、時折りベロリと舐めあげる。それからクリクリクリッとねぶりまわし、ついには唇に挟んで吸いあげた。
「吸わないでえっ。イヤああっ。吸っちゃイヤああっ!」