淡いグリーンのカットソーに包まれた胸もとには、夏蜜柑ほどもありそうな肉房が実り

ほっそりした瓜実顔で、切れ長の二重瞼と長い睫毛に飾られた個性的な瞳。凛とした鼻梁に、大きめの口も絶妙にバランスが取れていて、女優のようなとの褒め言葉が相応しい美形である。上品な栗色に染められたショートヘアーも若々しさにあふれ、優雅に描かれたボディラインも男の視線を射止めるに充分な魅力を持っていた。淡いグリーンのカットソーに包まれた胸もとには、夏蜜柑ほどもありそうな肉房が実り、引き締まったウエストから太腿に流れる曲線も非の打ち所がなく、脚の形まで整っている。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。

関連する言葉

豊かな乳房がたっぷりと垂れ落ちて、ボリュームをさらに増していた... 同時に、湯気の中で見た貴和子の裸身が甦ってくる。 『あらあら……男の、子ぉ?』 上から覗き込む貴和子の姿。豊かな乳房がたっぷりと垂れ落ちて、ボリュームをさらに増していた。...
小玉スイカでも隠しているようなボリューム... 小玉スイカでも隠しているようなボリュームたっぷりの胸の膨らみが、宣英の胸板に当たりぐにゅりと横にひしゃげている。...
こうして見ると、寧々の唇は肉花びらのようで、あえかに開いて艶冶に微笑むと、口元のほくろとの相乗効果で... アーモンド形の大きな瞳には、淫らな好奇心がありありと浮かんでいる。キラキラと妖しく煌めくのは、緩やかな発情に潤ませているからだ。昂奮に喉が渇くのか、しきりに朱唇を舌で湿している。こうして見ると、寧々の唇は肉花びらのようで、あえかに開いて艶冶に微笑むと、口元のほくろとの相乗効果で、途方もなく官能的だっ...
ニギニギと尻肉を揉みしだき、怒張した若竿を下腹に押しつける... だったらなぜ抗わないのかと、少しもいやがる素振りを見せないではないかと、ニギニギと尻肉を揉みしだき、怒張した若竿を下腹に押しつける。 「俺、やめないよ。やめないからね……母さんが綺麗すぎるからいけないんだ」 プールサイドに志穂を押し倒し、競泳水着からはみださんばかりの巨乳を鷲掴みにする慎也。...
征服感にも似た倒錯した思いに酔いながら、彼女の背中に手を回し、ブラのホックを外しにかかる... そんな俊輔に、寧々がいよいよ顔を真っ赤にさせて、消え入るような声で返事をした。その殺人的なまでの可愛らしさ。年上の女性をいじめる悦び。征服感にも似た倒錯した思いに酔いながら、彼女の背中に手を回し、ブラのホックを外しにかかる。大きなゴムまりのような弾力が、胸板に心地よくあたっている。 間近の美貌を、...
ブラジャーの支えを失っても、グンと前に突き出たロケットおっぱいは、どこまでも挑発的で迫力たっぷりだ... 「千夏さんのおっぱい……きれいだぁ」 ブラジャーの支えを失っても、グンと前に突き出たロケットおっぱいは、どこまでも挑発的で迫力たっぷりだ。水を弾くほどのピチピチ肌が、それを実現しているのだろう。 ミルク色の乳肌は、しっとりと肌理が細かく、ぴかぴかの光沢を帯びている。 薄紅の乳暈はきれいに円を描...
絶望的なほどに魅力に満ちた胸元は、その淑やかな様子に似合わず、ずっしりと思いマスクメロンが二つ吊るさ... 俊輔は、あわてて目を瞑った。けれど、一度覗き見たその悩殺フォルムは、瞼の裏にしっかりと焼きつき、容易に消え去ろうとしない。 絶望的なほどに魅力に満ちた胸元は、その淑やかな様子に似合わず、ずっしりと思いマスクメロンが二つ吊るされているようなボリュームなのだ。 (ああ、だめだ。タオルビキニ、もう一度...
静羽のEカップ、あかりのFカップをも凌駕するHカップバストだった... 不意に貴和子の手が伸びると、広海を抱き寄せたのだ。それも強く。広海の顔が、貴和子の胸に埋まるほど。 「いいのよぉ。広海さんは、うんといいことをしてくれたのぉ。これはご褒美なんだからぁ」 ぐいぐい押しつけられる乳房。あとでわかったのだが、静羽のEカップ、あかりのFカップをも凌駕するHカップバストだ...
蜂腰を持ち上げては勃起肉を、ゆっくりと双尻に沈みこませる... 繊細な茶髪が千々に乱れ、扇情的な眺めに情緒的彩りも添えている。太ももの上を滑る艶尻の肌触りも心地よい。まるで上等な絹で、擦られているかのようだった。 「あんっ…ああっ、ああんっ」 唇をめくりあげ、甲高い声をあられもなく張り上げる千夏。蜂腰を持ち上げては勃起肉を、ゆっくりと双尻に沈みこませる。ムチ...
由美は仰向けになっている顔のすぐ目の前にある肉棒に一方の手を伸ばし、もう片方の手で宙に浮く健太の尻を... (あそこを舐められるのは、もう、仕方ないわ……。だって、もう、避けられないもの……。でも、一方的に舐められては危ない……。私のほうから、求めそう……。そうよ。私も健太ちゃんのお魔羅をお口で……) お互いに口で奉仕し合う。嫌いではなかった。夫とは交わるたびに、濃厚なオーラルに没頭し、先に声をあげるの...