アナルの妄執にとらわれた少年にとっては、剥きだしになった肛門も淫靡極まりない光景だった

初めて目の当たりにした女性器に、憧れてやまなかった女性の秘部に先汁をちびらせる慎也。こんもり肉づいた外陰部に形づくられたクレヴァスが長々と股の中心部に刻まれている。その脇には肉汁に潤んだ陰唇が、くすんだ紫色に染まった花弁がデコレートされ、先端部には勃起したクリトリスが鞘から芽吹いて、パールピンクの「実」が露わになっている。
アナルの妄執にとらわれた少年にとっては、剥きだしになった肛門も淫靡極まりない光景だった。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。