竿の根元がシコシコと手筒でしごかれ、唾液がたっぷり塗りつけられて、包皮が雁首まで剥かれてしまう

同時に亀頭に舌が這わされ、包皮の隙間に舌が挿しこまれる。竿の根元がシコシコと手筒でしごかれ、唾液がたっぷり塗りつけられて、包皮が雁首まで剥かれてしまう。
「くぅ……う、うっ!」
すでに限界まで達していた慎也にとって、わずかばかりの刺激でも命取りだった。眼前に迫った豊臀も、媚肉の蠢きもいやらしすぎて、鎌首の垢をこそげ取るように舌が這わされればもはや一刻の猶予さえなくなる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。

関連する言葉

シコシコと上下されるたびにペニス内に痺れるような愉悦が奔り... これが年上の女性のテクニックというものだろうか。男の快感を知り尽くした人妻の指先は絶妙すぎる力の入れ具合だった。シコシコと上下されるたびにペニス内に痺れるような愉悦が奔り、自然と唇から息が漏れてしまう。しかもただ単調なだけではない。環にした親指と人差し指が、一番敏感な亀頭のクビレを通り過ぎる時にきゅ...
その脚の間に挟まってひざまずいた彩菜が、すっかり勃起した肉棒をくわえていく... 「……これれ、いい、ろ?」 見上げる彩菜の、かすかに小首をかしげた顔がかわいい。 言葉がうろんなのは、その口いっぱいに頬張っているもののせいだ。 立木の下に置かれたベンチ。ルーズに腰掛けた広海が、スウェットパンツと下着を膝まで下ろして下半身を露出している。 その脚の間に挟まってひざまずいた彩...
陰茎に絡みついていた手指が、ふんわりと亀頭部分を包み込んだ... 陰茎に絡みついていた手指が、ふんわりと亀頭部分を包み込んだ。親指の先でカリ首部分を甘く擦られるのだ。それに伴い、やるせないような微電流が背筋に通りっぱなしとなった。 「み、深佳さん。それダメっ……僕、気持ちよくなっちゃいます」...
伸ばせるだけ伸ばした舌で、生温かい口腔内を舐め啜る... 「ぢゅく、ぢゅ……じゅぶ……くちょちゅちゅ」 伸ばせるだけ伸ばした舌で、生温かい口腔内を舐め啜る。すると、思い出したように、お留守になっていた手淫がおずおずといった様子で再開された。...
花穂子の細指が中程を包んで、包皮を剥き出すように根元へと動く... 花穂子の細指が中程を包んで、包皮を剥き出すように根元へと動く。佑二の喉元から、少女のような声が漏れた。...
添えられた右手で茎胴を丹念に摩擦し、左手には睾丸を優しく揉みほぐされた... 「いいのよ。すっきりしていいの。そのためにこうして口でしてあげているのだから。私が飲んであげるわ……」 ゾクゾクするほど色っぽい上目遣いで、放出を了承する深佳。またすぐに、勃起に舞い戻った朱唇は、口腔粘膜全体でぬるぬると締めつけてくる。添えられた右手で茎胴を丹念に摩擦し、左手には睾丸を優しく揉みほ...
萎えかけていたペニスだったが、彩香のやさしい口唇奉仕でみるみる蘇った... 彩香が佑二の分身を、爪の先でピンと弾く。男性器は股間で堂々と反り返っていた。 (だって彩香さんが、しゃぶってくれてるんだもの。興奮するなって言う方が無理だよ) 萎えかけていたペニスだったが、彩香のやさしい口唇奉仕でみるみる蘇った。姉の花穂子同様、彩香も名家の令嬢だった。本来なら、会話をすることも...
美波の背後から、宣英のペニスに手を伸ばすと... ちえりは美波の背後から、宣英のペニスに手を伸ばすと、陰嚢の辺りまで溢れ零れた喉汁を拭い取った。指先に十分に塗り濡らすと、美波のサポートをするかのように陰茎をシコり上げる。...
一気に根元近くまで呑み込むと、そのまま唇を突きだし、すぼめてのディープスロート、抽送になった... 弾かれたように飛び出し、鎌首をもたげる肉棒を、 「おちん×ん、広海の……んぅ、ん!」 彩菜はためらうことなく、口に含んでいく。 一気に根元近くまで呑み込むと、そのまま唇を突きだし、すぼめてのディープスロート、抽送になった。 「んぅ!んっ!んん、ぅ!……じゅ、じゅぷ、じゅぷ、じゅぽ、じゅぽっ!...
中から飛びだしてきた、イチャイチャする気満々の褐色ペニス... すると真帆は、「うん。脱がせてあげる」と色っぽい囁きを返し、いったん怒張から指を離すと、彼のブリーフをずるっと脱がせた。中から飛びだしてきた、イチャイチャする気満々の褐色ペニスに、真帆は目を見張り、驚嘆の呻き声を上げる。煽られた真帆は改めて極太を握りしめ、さっきまで以上に大胆に、しこしことそれを扱き...