パンティ(脱がす)

天海佑人

孝典はすぐさま尻たぼをぐっと開き、菊の蕾をあらわにさせた

商店街で見た時とは違い、むちむちの太腿が付け根近くまであらわとなっている。このエロ過ぎる太腿を露出させて商店街を歩くのは、おま× こ丸出しで外を歩くのと変わりないくらい卑猥だと思った。 孝典はショートパンツからはみ出ている尻たぼに手を添え、...
天海佑人

裕美の恥毛は清楚な雰囲気の美貌通り、とても品良く生え揃っていた

と浩二が言い、裕美の股間に手を伸ばす。 「だめっ、脱がせてはだめっ……ああ、おねがいっ」 裕美の黒目が涙でしっとりと潤みはじめる。それがまた、たまらない。孝典は剥ぎ取られそうになるパンティよりも、裕美の表情に見惚れていた。 そんな中、ローラ...
鮎川晃

汗と恥ずかしい汁に濡れた茂みは、撫で付けられたように恥丘に張りつき、女の花園を惜しげもなく晒している

「や、やめてくださいっ。私、本気で言ってるんですよ?……あん、ダメ……やめて……恥ずかしいわ……あぁ……勇作さんのばか……」 昂ぶった勇作は、恵子の声に耳を貸さない。いとも容易くパンティを脱がし、肉づきのいい脚を開くと、露出した無垢の女に、...
北都凛

と、次の瞬間、全裸になった浩二に押し倒されて、うつ伏せでヒップを掲げた恥ずかしい姿勢を強要される

香織は応接室のなかを見まわして顔をひきつらせていく。 と、次の瞬間、全裸になった浩二に押し倒されて、うつ伏せでヒップを掲げた恥ずかしい姿勢を強要される。 「きゃっ!い、いや、やめてくださいっ」 後ろ手に拘束されているので、顔の半分を絨毯に埋...
葉川慎司

ニット素材なので、男根が大きくなれば生々しく指先にその感触が伝わってくる

(熱い……) 祐司が身につけているのは、部屋着のハーフパンツだ。ニット素材なので、男根が大きくなれば生々しく指先にその感触が伝わってくる。 祐司のペニスは完全に屹立していた。股間にはテントのようなふくらみができ、布地越しにもわかるほど淫靡な...
葉川慎司

股間に生えた性毛は薄めで、逆三角形状に広がっている。毛質はあまりうねっておらず、直毛に近い。

ベビードールの裾から覗く脚は、瑞穂よりすらっと長い。女性らしい曲線的な瑞穂の女体と違い、義母はモデルのようなスリムな体型だ。 観察するほど家政婦との違いに気づき、祐司の胸を高鳴らせた。 両手を伸ばし、パンティのウエストにかける。一瞬、義母の...
結城彩雨

五郎は三枝子のパンティのゴムに手をかけると、双臀のほうからクルリと剥きおろした

五郎は三枝子のパンティのゴムに手をかけると、双臀のほうからクルリと剥きおろした。そのままパンティを一気に足首のところまでずりさげる。 三枝子は絶望の泣き声をあげた。 「いやあッ……」 「泣くのはまだ早いぜ、へへへ、今にいやでもうんと泣いても...
庵乃音人

両手に力をこめ、愛しい先輩に野卑な四股を踏ませたまま、ミルクを舐める猫みたいにピチャピチャと淫靡な音を立てて尿口を舐める

貴史は突然その場に屈みこむと、祈里の両足に伸びていたショーツを完全に毟り取った。恥ずかしがって閉じようとするむちむちした脚を開かせるべく、柔らかな内股に手をやり、荒々しい力で左右に開かせる。 「きゃあぁ。あん、やだ、貴史くん、こんなかっこ…...
北都凛

尻たぶを鷲掴みにされて左右に割り開かれる。そして剥きだしになった肛門に亀頭の先端を押し当てられた。

「ああっ……な、なにをなさるつもりですか?」 命令されて試着室の壁に両手をつくと、いきなり背後から纏わりつかれる。 押し殺した声で抗議するがスカートを腰までまくられて、抗う間もなくストッキングとパンティを剥きおろされてしまう。 「そんな、ま...
北都凛

ストッキングとパンティをいとも簡単におろされ、左右のつま先から抜き取られてしまう

最後に一度だけ。そう心に誓い、男の舌を受け入れて全身から力を抜いた。 すると乳房を揉んでいた大きな手がゆっくりと下半身へ移動し、ワンピースのスカートをたくしあげていく。 「うンンっ……むふうう……はうンっ……」 ぴっちり密着した唇の隙間から...
北都凛

壁に手をついてヒップを突きだす姿勢をとらせると、スカートをめくりあげてストッキングとパンティを剥きおろす

「誰が途中でやめていいと言った。お仕置きが必要だな」 壁に手をついてヒップを突きだす姿勢をとらせると、スカートをめくりあげてストッキングとパンティを剥きおろす。そしてピチピチした尻たぶを鷲掴みにして割り開き、すでに濡れそぼっている恥裂に自慢...
御堂乱

パンティの薄い布地がズリ下がり、こんもりと盛り上がった恥丘と、それを飾る濃密な毛叢が露わになった

「いやでも見せてもらうのさ」 昌平の指がパンティにかかった。 「い、いやっ」 志津子の腰が右に左にくねった。 「脱がさないで……あああっ」 スカートの時と違い、昌平はゆっくりと一ミリずつズリ下げていった。 「ヘヘヘ、マン毛が見えてきたぜ、奥...
小鳥遊葵

すでにパンティは尻の下方まで引き下げられ、前側も淫毛が顔を出していた

肉乳から離れた唇が下方に滑る。 「健太ちゃん、あなた、何をしようと……」 「だってママ、サマーセーターは脱いだけれど、まだスカートや下着、そのままだから……」 「あひぃっ、お願い……。ねぇ、灯り、少し、ううん、消して……。ママ、こんなにも明...
鳴瀬夏巳

はっと身をもがかせたものの、ズルズルとパンツをずりおろされていく

木之内が告げるや、恵里子は奥寺によって俯せに転がされた。後ろ手に拘束されているので動くに動けなくなる。カプリパンツに手をかけられた。はっと身をもがかせたものの、ズルズルとパンツをずりおろされていく。 「やめてくださいっ。なにをするんですかっ...
鳴瀬夏巳

これが久末理香の生ケツか。生意気そうにツンツンしてやがる

スパッツがパンティもろとも剥きおろされていく。夜の風が尻肌をサーッと撫でた。結局、ほとんど為す術もなくお尻を露出させられてしまった。 「これが久末理香の生ケツか。生意気そうにツンツンしてやがる」 はっと振りかえると、奥寺が理香の足下に身を屈...
鳴瀬夏巳

気づいた時には、奥寺はスパッツの腰をむんずとつかんで剥きおろしにかかっていた

やがて下顎が解放されて息苦しさはやや収まったものの、代わりにスパッツに手がかけられた。気づいた時には、奥寺はスパッツの腰をむんずとつかんで剥きおろしにかかっていた。隙間から腰骨のあたりへ夜気が忍びこんでくる。
鳴瀬夏巳

端正な容色の若妻が羞恥に苦しみ、みずからの股間を必死に隠そうとする姿は男の獣性をとめどなくそそった

奥寺は恵里子からパンツとショーツを完全に抜きとった。 「さ、立つんだ」 「あ、あああっ……」 肩をつかんで便器から女体を引きはがす。恵里子はペタリとへたりこんでしまう。だが奥寺は洋式便器の蓋を開けると、引きずり起こして便座に跨らせた。開脚姿...
鳴瀬夏巳

ヒップに頼りなく引っかかっていたショーツが剥きおろされていく

楽しそうに喉奥を鳴らす奥寺が恨めしくてたまらない。まさか聞かれているとは想像だにしなかったとはいえ、あんなことを言わなければという悔恨に胸が塞がった。 それでも恥を忍んで最後の一枚に手をかけた。羞恥で眩暈に襲われながらショーツを押しさげる。...
鳴瀬夏巳

Tバックはずりさげられて、肛門までが隠しようもない状態だ

奥寺はほくそ笑んで、再び比佐子の背後へとまわった。 スパッツの裂け目からは、巨尻が惨めに露出したままである。Tバックはずりさげられて、肛門までが隠しようもない状態だ。 尻割れの上端に、たっぷりと唾液を垂らす。唾液が谷底を伝わり、やがて肛門を...
鳴瀬夏巳

暴かれた肛門も、深い谷底でヒクッ、ヒクヒクッと悲しげに浮き沈みを繰りかえしている

「ケツが擦れてしょうがないだろう。フフフフッ。ははははっ……」 「言わないでっ。言わないでえっ」 奥寺はTバックに人差し指を当て、スーッと谷底をなぞった。肛門部を通過した瞬間、巨尻がブルルッと反応した。 「イヤああっ」 およそプライオの女王...